笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (465)
  • (939)
  • (1687)
  • (90)
  • (16)
本棚登録 : 7379
レビュー : 697
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062646147

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犀川と萌絵の行く所に事件あり。なんかコで始まる子供と同じだなぁ‥などと考えつつ読み進めれば、結構面白い。やっとこの世界観に慣れて来た。それに謎もなんとなく解けるようになったし。ところで鏡に映る自分の姿が左右逆なのは自分のせいなんだ、なるほどネ。

  • 舞台が館、巨像が消失、知らない人が居合わせる空間など古典的ミステリーの雰囲気たっぷり。かなり好き。面白かった

  • このシリーズが一番好きかも。
    オリオン像は全然見当違いだった。残念。

  • 【あらすじ】
    天才数学者、天王寺翔蔵博士の住む館、「三ツ星館」。そこで開催されたパーティの中で、博士は庭にある巨大なオリオン像を消してみせた。翌朝、再びオリオン像が現れたとき、2つの死体が発見された。犀川助教授と西之園萌絵が、オリオン像消失の謎と殺人事件に挑む。
    【感想】
    正直初めは、あまり面白くない事件なんじゃないかなと思った。でも、この事件はいつもと少し異質で、森博嗣にしては大人しい感じがした。だけど、その裏にはとても複雑怪奇なトリックが隠されていて、それがみんなを翻弄させた。このオリオン像とその家族関係がキーポイントになってこるのだけれど、どうもいまいち、わたしにはのめり込むことができなかった。難しすぎたのかもしれない。でも、この難しさ、そしてそれを理解できる読者こそが、森博嗣の読者に相応しいのだと思う。つまりわたしは、まだまだというわけだ。

  • 理系って理解できないとおもっているんだけれど、これはトリック含め、納得が行くかんじがよい。キャラクタもとても魅力的。

  • 「左右だけが、定義が絶対的でないからです。上下の定義は空と地面、あるいは、人間なら頭と足で定義されます。前後も、顔と背中で定義できます。では、左右はどうでしょう?左右の定義は、上下と前後が定まったときに初めて決まるのです。」

  • S&Mシリーズの中でも、一番たくさん読んだ。展開も全部覚えているけど、何となく開きたくなる。
    森作品はミステリーとして読むよりもきっと、哲学書か何かだと思って読んだ方が面白い。ミステリーとしてはトリックや動機に納得できない部分もあるので。ただあまり温度を感じさせない詩のような文章や、時折出てくる哲学的な、あるいは数学的な問いに魅力を感じている。とりあえず、犀川先生みたいな人に出会いたかった。
    「円の中から、円をまたがず外に出られるか?」

  • 生まれて初めて、事件が起こる前に犯人がわかった

  • Fよりは読みやすかったけどやっぱりあのトリックはないわなー、と思ってしまう。

  • S&Mシリーズ・Part3。

     「定義するものが存在する」「解は不定」さらには「視点の固定と偏見が天と地の役割の誤解を生む」等々、理数系ギミックに彩られる。

     まぁオリオン像のオチは、発想の単純さともの凄さに笑みが漏れたけれど(良い意味で)。半球形の○○で気づくべきかな…。

     東野圭吾ガリレオシリーズが工学系ギミックに溢れるなら、理学系ギミックに彩られるのが本シリーズだろうが、個人的には間違いなく好きなタイプ。
     しかも、本巻の解説は森毅先生。従前巻の文庫本解説には辟易していたところ、森氏の飄々とした中に見受けられる知性。その知を軽やかな文体で見せる様。いやぁ、彼の解説は好きだなぁ。

全697件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

ツイートする