笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (465)
  • (938)
  • (1687)
  • (90)
  • (16)
本棚登録 : 7377
レビュー : 696
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062646147

作品紹介・あらすじ

偉大な数学者、天王寺翔蔵博士の住む「三ツ星館」。そこで開かれたパーティの席上、博士は庭にある大きなオリオン像を消してみせた。一夜あけて、再びオリオン像が現れた時、2つの死体が発見され…。犀川助教授と西之園萌絵の理系師弟コンビが館の謎と殺人事件の真相を探る。超絶の森ミステリィ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オリオン像のトリックが思ったまんまだったのでドキドキは無かった。
    犀川と西之園の掛け合いは相変わらず読んでいて楽しいです。

  • 次から次へと出現する謎の数々にひきこまれ、後半は一気に読みました。
    色々考えながら読み進めましたが、最初のオリオン像の謎以外ちっとも解けませんでした。くやしい。
    犯人の発言には完全に騙されてました。
    天体や数学に詳しくなりたいと感じた1冊でした。

  • 既読
    再読

  • やっと、読み終わった。

  • わたしは苦手。萌絵がひたすらに魅力的だったけれど、どうも長ったらしい言い回しだったり、そこまで書かなくていいから物語を先に進めて!と、少し苛立ったわりに大したオチでも無かった。

  • 森作品三冊目なんですが…なかなか小難しい言葉がたくさんあってわたしは読みづらかった。オリオン像のトリックはすぐ解けたけど、それが解けてなぜ殺人のトリックがわからないか、自分でもハテナでしたf^_^;) 最後の謎解きのシーンがちょっと好きなだけで、終わり方もなんだか不完全燃焼。 わたしが根っからの文系だからかな。 次の作品も買ってあるけど、またこんな調子なら続けるのはキツイかも。一冊目の感動よ、再び☆を祈りつつ☆

  • 定義するものが存在するものだ。

    *****

    天才数学者・天王寺翔蔵。
    と、登場人物との会話を読んでいると、大学時代のゼミの先生との会話を思い出して、苦笑いしそうになった。
    説明のミスに的確な、鋭い指摘。
    こちらはぐぅの音も出ない。

  • 笑わない数学者

    190501読了。
    今年39冊目今月1冊目。
    #読了
    #森博嗣
    #笑わない数学者

    著者も別書で言うように、メイントリックと犯人は明らかに分かりやすい。
    それが犀川になぜすぐ解けないのか、というミステリィだろうか。

    最後には別の謎がメタ的に提示される。

    哲学が自然科学とはよく言ったものだ。理系人観察の面白さ。

    令和最初の読了本だ。


  • 結局誰が天王寺翔蔵で、天王寺宗太郎で、片山基生だったのか…
    色々考察出来てシリーズの中では結構好きな話。

  • 過去の既読本

全696件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする