笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (465)
  • (938)
  • (1687)
  • (90)
  • (16)
本棚登録 : 7377
レビュー : 696
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062646147

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 予想通りな結末でがっかり

  • トリックが稚拙、初めからそれが推測できてしまう上物語も現実離れしてる。

  • 超~つまんなかった!
    長方形の敷地にオリオンの3星のように丸い建物が3棟ナナメに並んで建っていて、それが細い廊下でつながっている。
    出入口は真ん中の星の上下だけ。
    出入口の一方にあった大きなブロンズ像が、霧の夜に「消しますよ。」って予告された後、建物のなかから外に出て見ると消えていた。
    左右の星の部屋は点対象。
    丁寧に敷地の図と部屋割りまで掲載されている。
    そんなのすぐにわかるじゃん!
    トリックと犯人がわかれば、あとは動機だけだし、そんなのこのシリーズでは作者の後づけみたいなものだし…。
    それをたくさんの警察屋さんも建築学の専門家もわからないだなんて、読者をバカにし過ぎ!
    途中で大どんでん返しがあるのかな…と最後まで読んだけど、そのまんまだった。
    年末の貴重な時間をムダにしてしまった…。

  • 手堅くまとめてある一冊。
    普段ミステリをあまり読まない方には楽しめると思う。

    逆に普段からミステリを読む人には、すぐにトリックが判ってしまう。
    10Pも読まないうちにトリックが判った作品は後にも先にも、これだけです。

  • ここらへんで森 博嗣もミステリのねた切れかなーと思い始める。
    謎が本編より先に解けてしまったので、結構つらかった。
    以後読んでないです。
    また気が向いたら続きから読みます。

  • 最初から解答がわかり最悪に

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

ツイートする