徹底大予測 21世紀「この国が買い、この国は売り」―天才投資家の世界バイク紀行 (講談社文庫)

  • 講談社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062646284

作品紹介・あらすじ

ヘッジ・ファンドで巨富を得たウォール街伝説の男「投資するバイカー」。冒険野郎が新たな投資対象として選んだ国はどこか。ガール・フレンドとバイクで六大陸を走破。二十一世紀はどの国の何が買いでどこが売りかを鋭い警句と辛口のエスプリで分析した痛快紀行。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ヘッジ・ファンドで巨額の冨を得たジム・ロジャース。この冒険野郎が新たな投資対象の国として選らんだのはどこか。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1942年米国アラバマ州出身の世界的投資家。
イェール大学とオックスフォード大学で歴史学を修めたのち、ウォール街で働く。ジョージ・ソロスとクォンタム・ファンドを設立し、10年で4200%という驚異的なリターンを叩き出す。37歳で引退後はコロンビア大学で金融論を教えるなど活躍。2007年に「アジアの世紀」の到来に予測して家族でシンガポールに移住し、その後も数多くの投資活動と講演をおこなう。
主要著書に『冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 』『冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見』(以上、日経ビジネス人文庫)、『世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60』(プレジデント社)、『お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する』(PHP新書)がある。

「2019年 『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジム・ロジャーズの作品

ツイートする