奪取(下) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (208)
  • (285)
  • (364)
  • (33)
  • (8)
本棚登録 : 1999
レビュー : 148
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062646314

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 偽札作りに絡んだ色々な人間模様。また、お札の作り方が詳細に説明されており、「何か自分も作れるんじゃ…」と思わせるほどです。是非、読んで欲しい。最後もなるほどと思わせる終わり方です。

  • おもしろかったー!
    最後あーなっちゃたけど自分は満足でした!

    あ~真保さんの作品、他のも読んでみたくなった!
    「震源」とかどうなんだろ?

  • ※印象に残った箇所
    p.377-378
    「昔、”彫りの鉄”が言ってたことがあるよ」
    急に小声になって、光井が耳元で言った。
    「人をだますってのは、ガラスの橋だ、と。慎重になってあんまり渡る前からたたいていると、あさり壊れちまうことがある。かといって、遠くから見ただけじゃ、どこにひびがあるかはわからなねえ。肝心なのは、物を見る目なんだとさ。光を見ることのできる目があるかどうか、だ。」
    「光?」
    「そう。素人は、光をただ明るくまぶしいもんだとしか思わないことが多い。けど、ほれ。分解すりゃあ、光だって七つの虹の色からできてるだろ。相手、小道具、時間、場所、手順、仲間、そして、自分。その七つの要素の重なり具合を見分けられるやつだけが、成功を握るんだと、な。何かがひとつかけても、光は満足にガラスの中を通り抜けやしねえ」

    ※感想はそのうち書きます。

  • レビューにはこう書こう、と考えていた文章を、エピローグで禁じ手にされてしまった。これでは何を書いてもネタバレになってしまう・・・。

    偽札を作ることが人生の最大の夢だとして、それが叶う瞬間にはどんなにワクワクするだろう?人それぞれどんな夢であっても、夢の中で心は興奮と幸福感に満たされ、時間はあっという間に過ぎるだろう。この小説の中には、そんな人生の絶頂とも言うべき時間と、同じ偽札作りでも永遠のように時間が長く、やりたくない、やりきれない作業もあるのだという表現がある。同じ作業でも、感じ方が違う。これが面白い。人は何に夢を見て、何に興奮と幸福を感じるのか、読んで確かめるといいと思う。

  • トータルとしては、とても楽しめた一冊。特に最初の1/3くらいは、すごいスピード感で、どうやってこの先の話が続いていくのか、心配になるほどだった。ほのぼの系のアクション小説。あまり人が死なない、最後は犯罪人にならない、どぎつい描写が無いなど。お札の細部などについては、とても描写が細かくて、スキップしてしまうほどなのに、逆にストーリー展開に、お気楽過ぎる部分が見え隠れしたり。

  • 好き嫌いだと思いますが、終わり方が個人的にあんまり好きではありませんでした。それまでは面白く読めた。

  • ヤクザの追跡を辛うじて逃れた道郎は、名前を変え復讎に挑む。だがその矛先は、さらなる強大な敵へと向かい、より完璧な一万円札に執念の炎を燃やす。コンピュータ社会の裏をつき、偽札造りに立ち向かう男たちの友情と闘いを、ユーモアあふれる筆緻で描いた傑作長編。

  • ディテールが良い。
    展開が良い。

  • 評価は1.

    第10回(1997年) 山本周五郎賞受賞

    内容(BOOKデーターベース)
    武器はニセ1万円札。復讐に挑む男の情熱。
    友人のために始めた偽札づくり。涙と笑い、友情と闘いを描く傑作。

    ヤクザの追跡を辛うじて逃れた道郎は、名前を変え復讐に挑む。だがその矛先は、さらなる強大な敵へと向かい、より完璧な1万円札に執念の炎を燃やす。コンピュータ社会の裏をつき、偽札造りに立ち向かう男たちの友情と闘いを、ユーモアあふれる筆緻で描いた傑作長編。予想もできない結末に思わず息をのむ!!

全148件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年東京都生まれ。91年に『連鎖』で江戸川乱歩賞を受賞。96年に『ホワイトアウト』で吉川英治文学新人賞、97年に『奪取』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞長編部門、2006年『灰色の北壁』で新田次郎賞を受賞。

「2018年 『オリンピックへ行こう!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真保裕一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

奪取(下) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする