隼小僧異聞 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (2)
  • (13)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062646598

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目次
    ・落ちた玉いくつウ
    ・沢瀉文様(おもだかもんよう)べっ甲蒔絵櫛(まきえぐし)
    ・紋蔵の初手柄
    ・罪作り
    ・積善の家
    ・隼小僧異聞
    ・島帰り
    ・女心と秋の空

    5人の子供のうち、一人は嫁に行き、一人は婿養子に行ったため、少し寂しくなった紋蔵家。←展開早っ

    時と場所を問わず寝てしまう奇病のせいで出世もままならない紋蔵だが、今回はいくつかのお手柄が続き、いよいよ出世コースに乗るかと思われたが。
    何も考えずに法律に照らして処置すれば問題はない。
    けれどそれは、誰かを幸せにするだろうか?
    悪人だけが得をしていないだろうか?

    こういうことを考えて、悲しい事件の被害者のような犯人を見逃したりするから紋蔵は出世できない。
    こういう人情的解決は割と時代小説には多いけど。

    好きなのは「積善の家」。
    ”思えば、役所に勤めはじめてからの三十年。一つとして碌なことがなかった。捨吉はつきというが、なに積善の家の余慶が、まとめて訪れてきただけなのだ。けっしてつきなどではない。
     なにか開き直るような気持ちで、紋蔵はそう考えた。”

    誰に評価されるわけではなくても、実直に仕事を続けてきた。
    つまり、そういうことだ。

  • 物書同心居眠り紋蔵シリーズ第二巻。
    居眠りという奇病を持ち窓際族の紋蔵だが、どこか毅然とした風格があります。法に照らせば問題だが人情的には許したい、そういった事件を窓際という自分の立場を上手く利用して解決(真相を知りつつもウヤムヤに)していきます。その為に出世も出来ないのですが

  • ・落ちた玉いくつウ
    ・沢瀉文様べっ甲蒔絵櫛
    ・紋蔵の初手柄
    ・罪作り
    ・積善の家
    ・隼小僧異聞
    ・島帰り
    ・女心と秋の空

    手柄を立てたり、助けられなかったことを失敗したりと普通の人と同じように失敗したり後悔したりしながらの日常の中で長女の縁談がまとまったり役が変わったりと少しずつ変化していく。一つ一つの出来事の積み重ねて昨日から今日、今日から明日へと着実に生きている生活感のある進み具合がとても良い。

  • やる気があるのか無いのか、それでも厄介事が紋蔵へ舞い込んでしまう。白黒はっきりさせることが最良ではないという解決の仕方に、現実を感じます。紋蔵の立場だからそれが許されるのかもしれませんね。

  • 始終ぼやいているような主人公が妙に味がある。特に「積善の家」は話が妙な方向に結びついてハッピーエンドというのが面白かった。前作はずっと昔に読んだだけだったが「恵比寿屋喜兵衛手控え」と同作者だったとは。

  • この巻は切ない話が多かった。ずっとこんな感じなのかな?

  • 3巻1巻2巻(これ)の順番に読んだが2巻が一番つまらんかった。話が浅いというかタマタマが多すぎる。1間から順に読んでると3巻は読まなかった。

  • 物書同心居眠り紋蔵 第二弾

  • 初版本

  • シリーズ2作目

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1941年兵庫県生まれ。早大法学部卒。85年『大君の通貨』で第4回新田次郎文学賞、94年『恵比寿屋喜兵衛手控え』で第110回直木賞を受賞。おもな作品に『物書同心居眠り紋蔵』『八州廻り桑山十兵衛』『縮尻鏡三郎』『町医 北村宗哲』などがある。

「2016年 『侍の本分』 で使われていた紹介文から引用しています。」

隼小僧異聞 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)のその他の作品

佐藤雅美の作品

ツイートする