文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.98
  • (1746)
  • (1091)
  • (1741)
  • (45)
  • (8)
本棚登録 : 9557
レビュー : 1036
  • Amazon.co.jp ・本 (1060ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062646673

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 京極さん好きは横溝正史好きだとよく聞く。両方とも女性に対する立ち位置、設定、雰囲気、また女性=悲劇というスタンスが似てるのだという意見を聞いた。

    木場さん男前。榎さん姑獲鳥の夏にまして頭おかしい。関口くんの翻弄され具合は哀れ。京極堂は大人。

  • 私も御筥様に取り憑かれたように、読んだ。
    まだ、箱は旅をしている…

    映画、観てみたい。

  • クライマックス、際限なく広がったように思われた風呂敷が畳まれていく様は、もう目眩がするような面白さ。
    魍魎とは何ぞやのくだりさえ乗り超えられれば。

  • 間違えて新書を買ったかと、値段を見て思ったが、受け取って納得。分厚い!しかし、最初から最後まで面白かった。

    少女達の空想的友情、禁断の恋に怪しい新興宗教。最新の医療に、脅迫神経的な欲求や無器用な初恋。まぁよくもこれだけ詰め込んで、最後に伏線を回収するだけじゃなく、意外な結末も用意できたな、と感心する。

    面白いけれど、何度も読み直しちゃうけれど、猟奇的な感も否めないので、そういうのが苦手な人にはキビシイかな。

  • 作中作。テーマは匣(はこ)。途中途中に挟み込まれる作品や手紙や記録が少しずつ本筋に絡みながら事件の全容が明かされていく。親友の自殺を目の前にした少女、箱から聞こえる少女の声、あちこちから見つかるバラバラの手足、不器用な刑事の密かな片思い…。

    本当に幾重にもなった匣が開かれていくような物語だった。ナゾトキが始まった段階であと400pある。解けそうで解けないのがミソ。解けた時、気持よかったし、気持ち悪かった。中身がわからないからこそ、多くの匣を開けたいという衝動を止められない。読むことを途中でやめられない本だった。

    犯罪の「動機」の意味と、物事を語る「順番」の大切さについて色々と考えさせられる。

  • びっくりするくらい面白かった。
    後半の伏線の回収っぷりがすごすぎる…!
    こんなに興奮しながら読んだ本は初めて。

  • とにかく面白かったです。1000ページ超ですが、長いとは感じないですね。京極堂登場時のウンチクオンパレードには最初ちょっと引きましたがすぐ慣れました(笑)
    500ページを越してから二日くらいで読んだので寝不足です…。止められないので要注意!

  • 前作でも同じこと書いたと思うけど、こんなに長いのによくずっと面白く
    いられるなってくらいどこを読んでも面白かった。

    最初あたりの少女たちのやりとり(頼子視点)、この年頃の少女の
    こころの動きをこんなに理解している京極氏には驚く。
    きっと誰も悪くなかったのだと思う。
    やり方がこの世界という箱の中で規格外だっただけだ。

  • おぞましさと美しさが共存する作品。
    それが集約される結末の“謎解きパート”の読み応えは、凄まじい物があった。
    それにしても、長く厚い小説だった。

  • シリーズの中で最も印象的な作品。
    少女達の不穏な絆、怪しい民間宗教、最新鋭の研究施設、、登場人物は少なく無いですがすべて不可欠な存在で、見えない結末と得体のしれない展開にドキドキゾクゾクしながら一気に読めてしまいます。
    お話としてとてもおもしろく読みやすいので、シリーズ入門にもおすすめできます。

全1036件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする