文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.98
  • (1746)
  • (1091)
  • (1741)
  • (45)
  • (8)
本棚登録 : 9557
レビュー : 1036
  • Amazon.co.jp ・本 (1060ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062646673

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初京極夏彦デビュー。
    もっと魑魅魍魎奇怪なお化け寄りな感じかと思いきや、ずっしりとしたミステリーで意外だった。
    出てくるキャラがどの人も個性的。
    ただ京極堂のうんちくが長くて長くて長くて…
    面白いうんちくの時はスラスラ進むけど、そうじゃ無い時はしんどくて、正直本編の話がなんだったのか忘れてしまうことも…
    でもまた機会ぎあれば他のも読んでみたい。

  • 加奈子が一番可哀想だよ。
    なんだか、ナチュラルにすさまじい。
    うぶめがすごすぎてもう驚かないけど、普通にすさまじい。

  • 「魍魎(もうりょう)の匣」京極夏彦 感想

    伝奇(妖怪)小説+ミステリーという独特のジャンルの小説で、京極堂と呼ばれる探偵役(職業は古本屋兼神主)が活躍する「百鬼夜行シリーズ」二作目。

    十年くらい前、第一作目の「姑獲鳥(うぶめ)の夏」を読んだ時は、妖怪が出てくるような超常現象的な事件を、現実的なトリックとして解決する本格ミステリーかと思いきや、裏切られたという記憶があり、人気作品にもかかわらず二作目以降は読んでいなかったのだけど、今読んだら当時とは感じ方は違うかもしれないと思い、読んでみた。

    妖怪・超常現象を思わせる猟奇的な事件と、探偵役である京極堂たちのシニカルな会話がこの作品の魅力であり、そういう面は面白くもあったのだけれど、正直、文庫一冊で1000ページは長すぎた(重量としても重かった)。
    もう続きは読まないかも...

    とは言え、いくつかの京極堂のセリフは興味深かったので、備忘録的に書いておく。

    ・宗教者・霊能者・占い師・超能力者を目的の違いなどからロジカルに分類・用語定義した上で、「結局はどれもペテンなのだけれど、信じて救済される人がいる限り、それで良い。」「見破られないのであれば、どんな手を使おうが構わない」

    ・「動機とは世間を納得させるためにあるだけのものに過ぎない。」「犯罪は、常に訪れて去って行く『通りもの』みたいなもの」

  • こんな1000ページ以上の分厚い小説読みきれるのか?と最初は思いましたが、読み始めたらなんだかんだあっという間。
    ややオカルトチックでもあるが、様々な謎が最後にはピタリとはまります。
    読後感は、姑獲鳥〜と同じくなんだか物悲しい雰囲気ですね。
    ミステリーといっても普通のミステリーではややないというか、登場人物の救済(憑き物落とし?)に主軸が置かれているのかなと。

  • 私も御筥様に取り憑かれたように、読んだ。
    まだ、箱は旅をしている…

    映画、観てみたい。

  • 2013.6.16処分

    シリーズ第2作。
    1048ページの超長編にも関わらず、だらけた印象はなかった。
    文体や時代設定がやや古いのも全く気にならず読みやすい。全文章がページをまたがないように書かれているのには脱帽!
    探偵役の京極堂、ワトソン役の物書き関口、自称探偵で超能力のある榎木津、不器用な刑事の木場、雑誌編集の鳥口など、登場人物のキャラがたっていたのが印象的だった。
    でも捲っても捲ってもページが減らないのは予想以上。。
    作中作と現実の絡み、雨宮と久保の出会いには、なるほど!と驚かされた。
    トリックというよりは、いくつもの入り組んだ事件や、複雑な人物関係で読ませる作品。
    長く、濃く、切ない話。

  • 安定の京極夏彦。あいだあいだに挟まれる久保の小説が、回を重ねるごとにどんどん現実味を帯びて、薄気味悪いものになっていく。今回もまた、主人公関口くんが、主人公らしからぬ影の薄さと物分りの悪さ、不安定さを発揮したことで、多少苛立ちを覚えながらも理解の良すぎる他の登場人物と物語に置いてけぼりにされずに済んだ。やっと真実が出た!と思えば、実はそれが嘘で、憶測で、でも京極堂はすべて知っているらしいのが何だかもどかしくて、何だか最早彼に翻弄されること自体が読みどころになって来ている気がする。いずれにせよこういう役回りの人は、すべてのピースが揃わないと口を開かないもんだから、焦らされる。それにしても、匣に人を詰めるという発想自体が気持ち悪い。隙間が怖いという文脈は、読んでいて気が狂いそうだった。しかし、最も気味が悪いのは雨宮で、ある意味一番幸福なのかもしれないが、腐敗した加奈子をも受け入れ、いつまでも匣に話しかけ続けている。ある意味、科学者たちよりも更に人間らしからぬ順応性の高さ。それにしても、たくさんの主役がいたもんだ。主役のほとんどは、匣に詰められて死んでしまったけれど。

  • 高校のときに読んだ本。読み終わった次の日から40度近い熱が出て、一週間くらい学校を休んだ。呪われた?と思った(笑)が、そのくらい濃い内容。体調を万全にして読むべし。

    • renoko0309さん
      高熱事件を知っているものです。もう1人、倒れた人がいましたね(笑)同じ本を読んだ人の中で、私だけ無事でした…なぜ?独特の雰囲気がいいですよね...
      高熱事件を知っているものです。もう1人、倒れた人がいましたね(笑)同じ本を読んだ人の中で、私だけ無事でした…なぜ?独特の雰囲気がいいですよね!
      2012/04/15
  • 長い
    そして長い(笑)

  • 百鬼夜行シリーズ2作目。前半の幻想怪奇的な謎の提示と、終盤の連続する種明かしは、モヤモヤした幕切れなのに読後感は悪くないという妙な感覚にさせられる。

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする