詩的私的ジャック (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.39
  • (270)
  • (711)
  • (1715)
  • (110)
  • (14)
本棚登録 : 6557
レビュー : 542
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062647069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 森さんのS&Mシリーズ、4巻目。
    今度は連続密室猟奇殺人の謎を主人公ペアが解き明かすと言うストーリーです。

    と言っても、ペアの片割れである犀川助教授の方は途中、中国出張に出かけますので、残った西之園萌絵が頑張ることになり、その為、本巻は事件の真相に迫ると言う要素だけでなく、西之園の自己への問い掛けと言う内面描写も物語の大きな要素になっています。

    では、前置きはこの位にしてあらすじをご紹介。

    犀川が非常勤講師を務めることになった私立S女子大で殺人事件が起きる。

    被害者はS女子大とは無関係である他の大学の女子大生。
    遺体の発見場所は密室。
    しかも被害者の衣服が脱がされ、遺体に謎の傷が付けられていた(ただし性的暴行の形跡はなし)事により、捜査は困難を極める事に。

    この状況の中、いつもながら西之園に引っ張られる形で犀川も殺人事件捜査に関わりを持つことになる。

    そんな折、第2の密室殺人が起こり、人気ロックシンガーが容疑者として浮かび上がる。
    しかし、ロックシンガーに警察の監視がつく中、彼の義理の姉である大学教員が被害者の第3の密室殺人が発生。
    加えて同じ現場で他殺体となったロックシンガー自身も発見され、捜査は振出しに戻る。


    事件が発生する最中、中国へ出張に出かけた犀川。
    日本に残り、自身の内面への問い掛けを行いつつたった一人で事件の真相に迫ろうとする西之園。

    そんな彼らに事件の謎は解き明かせるのか?




    上記しましたが、本巻は犀川の不在により、西之園の内面描写に重点が置かれた内容となっています。
    その為、物語の厚みが増しており、推理小説ファンだけでなくそれ以外の人でも楽しめる内容となっているのではないでしょうか。

    普通の推理小説とは一風変わった感じがする本作。
    お時間のある時でも一読あれ。

  • 『英語で言える?』 は反則。痺れた。

  • ゲストキャラクタが興味深い。殺人動機と計画意図に関しては理解できなくもないけれど同意できない。どうしてこんなことになったのか。

    犀川先生がとてもクールです。かっこいい。
    犀川先生不在時の寂しさが半端無かったのですが、戻ってきてからのスマートさも半端無くて。言葉の一つ一つがかっこいいなぁ。綺麗だなぁ。素敵だなぁ。と思って読んでいました。

    「英語で言える?」の真意が解った時のスッキリ感といったら。

    萌絵のちょっと幼かったり身勝手だったりするお嬢様気質な部分がちょっと改善されてとても可愛らしいと思いました。コミュニケーションをしようとするのは相手のことを知らないから&相手のことを知りたいと思うからだという、私の先生の言葉を思い出したりします。

  • 既読
    再読


  • 長かったけど、やっぱり楽しいシリーズ☆ わたし自身が文系のため、こういう理系の考えかたが新鮮でピリッとしててキリッとしてて、説明できないけど好きです☆ トリックは相変わらずわからなかったけどf^_^;) なんといっても犀川先生と萌絵から目が離せない!あぁもうどうなるの⁈楽しみ(・ω<)☆

  • 今回も犀川先生カッコいい。謎解きもさすが。
    しかも萌絵が酔ってプロポーズ。それに対する返しがまたカッコいい。

    4人の犠牲者がでた殺人事件そのものは理解に苦しむけど、そもそも殺人の「動機」については、このシリーズそのものが無関心という巻末の解説を読んで、スッとした。

  • 再読

  • 何だか、感情論が今までの中で強く出ていた、又はそう装われていた気がした。
    人情話、好きだけれども。

  • 詩的私的ジャック

    190508読了
    今年42冊目今月4冊目。
    #読了
    #森博嗣
    #詩的私的ジャック

    シリーズ4作目。 萌絵の狂言回しっぷりも板につき予定調和な行動にむしろ安心すら覚える。

    大学祭の時期のはずなのに、雰囲気は全体的にアンニュイ。
    howやwhatではなく、whyが論点だがイマイチ犯人に共感できず。

    犀川の物事の捉え方と、
    タイトルセンスは秀逸。


  • どうやったらあんな歌詞が思い浮かぶのだろうか

全542件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

詩的私的ジャック (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

ツイートする