詩的私的ジャック (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.39
  • (270)
  • (711)
  • (1715)
  • (110)
  • (14)
本棚登録 : 6558
レビュー : 542
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062647069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 密室の中で一人の女性が殺害される。服は脱がされ絞殺であるにも関わらず、死体にはナイフで連続殺人を匂わせる記号が刻まれている。”芸術家”≒”変人/奇人”と結びつけている私だが、犯行の動機は、そういった”芸術家”ならではの美学なのかもしれない。

  • いやー今回は全然犯人が判りませんでした。殺人の動機については、作中にある通り「そんなことで?」と理解不能なのだけど、常人には理解できない犯罪は現実にもあることだし、このシリーズはそれでいいのかなと思えます。それよりも、萌絵が大人の階段を昇ろうとしていることの方が驚きでした~。これまで色っぽい場面が少なかっただけに、煙草を貰う場面はちょっとドキっとしたけども、萌絵に煙草は似合わないような気がするのは私だけかな?好きな犀川先生の真似なのかな?

  • いい

  • 一日で読んでしまった…面白かった
    母校が出てきて、なぜいままでこの本を知らなかったのだと驚きました。笑

    途中で、怪しい人物が絞られすぎて犯人がわかってしまった。けれど、最後まで楽しめた。

  • 犯人の動機が狂気じみててすごい…。トリックの秀逸さや殺人現場に残された謎の回収方法はさすがと思ったけど、そんな理由で犯罪を犯してしまったんやなぁと後味のいいような悪いような。。

  • 大学施設で女子大生が連続して殺された。現場は密室状態で死体には文字状の傷が残されていた。捜査線上に浮かんだのはロック歌手の結城稔。被害者と面識があった上、事件と彼の歌詞が似ていたのだ。N大学工学部助教授・犀川創平とお嬢様学生・西之園萌絵が、明敏な知性を駆使して事件の構造を解体する。

  • だんだん嵌ってきたなぁ・・・。

    が、しかし犀川先生が不在・・・。
    萌絵ちゃんではないが、少々物足りない感が。

    このシリーズは1作目から犯人が何故かわかるように作られているが、
    今回はちょっと悩んでしまった。

    自分が間違いなく犯人だと思っていた人が死体となって現れたからである。

    そんな点からも自分なりにアイツだコイツだと推理しながら読み進められ、
    十分楽しむことができた。
    全作読んでみたい!

  • S&Mシリーズ#4

    犯人は分かり易かったけれど、動機が理解しづらかったです。

  • シリーズ4作目。読みやすくテンポよく。密室に次ぐ、密室ですが、なぜこんなことをしたのかに興味がわきました。

  • 評価は2にしたけど、細かく言うと2.3くらいかな。矛盾があるわけではないけど、何とも面白味は無いトリックだと個人的には思う。理系って感じがひしひしと伝わる作品。3つの密室が登場するけど、必死に解こうとするべきではない。でも、流れは好きだった。密室の存在理由が、まあちょっとご都合主義かな?とも思わないでもないが、なんだかんだ綺麗だと思う。S&Mシリーズ4作目だけど、その中では一番イマイチかもしれない。その中ではね。あと、事件に関係ないけど助手の国枝桃子が惚れるね。かっこいい。キャラ立ちすぎだろう。
    最後に、やっぱり邦題凄くセンス感じる。読む前は、ふーん。かっこいいね。くらいだったけど、読了後は光輝いて見えたね。詩的私的ジャック。

全542件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

詩的私的ジャック (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

ツイートする