詩的私的ジャック (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.39
  • (270)
  • (711)
  • (1715)
  • (110)
  • (14)
本棚登録 : 6559
レビュー : 542
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062647069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うーん、普通なミステリー?

  • 密室の定義やら、犯行動機なんかが変わっていて、
    そこがこの本の魅力なのであろうが、消化不良のまま読み終えてしまった。

    切り裂きジャックを思わせる犯行で猟奇的に

    思えるが、物語の進行が詩的なため、
    消化不良の私は、フワついた印象を持ってしまった。

  • ちょっとだけ飽きてきた。萌絵お嬢様がシャシャリ出過ぎ。この世界では子供が捜査に首突っ込むのもアリなんだ。そう、コナなんとかと同じなんだ。と、自分に言い聞かせながら読み進めた。しばらく森博嗣はお休み。

  • 評価は2にしたけど、細かく言うと2.3くらいかな。矛盾があるわけではないけど、何とも面白味は無いトリックだと個人的には思う。理系って感じがひしひしと伝わる作品。3つの密室が登場するけど、必死に解こうとするべきではない。でも、流れは好きだった。密室の存在理由が、まあちょっとご都合主義かな?とも思わないでもないが、なんだかんだ綺麗だと思う。S&Mシリーズ4作目だけど、その中では一番イマイチかもしれない。その中ではね。あと、事件に関係ないけど助手の国枝桃子が惚れるね。かっこいい。キャラ立ちすぎだろう。
    最後に、やっぱり邦題凄くセンス感じる。読む前は、ふーん。かっこいいね。くらいだったけど、読了後は光輝いて見えたね。詩的私的ジャック。

  • 今年最後の読書がこの本になってしまったことは、かなりの大失態!
    世間が言うほど『すべてがFになる』が面白いと思えなかったので、あえて同じシリーズの第4弾を読みました。
    登場人物が作詞したって設定の自分の詩を絶賛するのって痛いよね。
    このシリーズはやたらと「天才」が出てきて、天才のする犯罪は動機が一般人にはわかりにくいってパターンなんだけど、大げさすぎてつまんないんだよね。
    それなりの素質を持ち、どんな逆境でも継続的な努力をすることができる人が一番強いと思う。
    努力なくして天才はない!
    若者はハマる世界観かもしれないけれど…。

  • 【S&Mシリーズ4】犀川創平&西之園萌絵シリーズ第四弾。密室。そして死体にはナイフで書かれた文字?大学施設で起きた連続殺人事件。う〜ん。全く納得できない。汚れたページを破って、ノートを新しくした?また汚れてしまったノートはどうやって新しくするのだろうか。なんて、考えても無意味だが。動機もトリックもそのシナリオもあまり好きになれなかった。好きなところは、国枝桃子との会話かな。「じゃあ、中国まで行ったら」「え?」「私なら、行くよ」

    「杉原千佳は、月曜日の朝、駐車場に自分の車を駐めた。」

  • 二人の関係性に変化が訪れる。その点こそが最大の山場であり、肝心の事件そのものはあまり面白く思えなかった。相変わらずな解説の熱量にはうんざり。

  • 今回は、トリックというよりは動機に焦点を当てた内容。
    「殺人」と聞くと、理路整然とした「動機」を知りたくなりがちだけれども、すべての殺人に必ずそんな動機があるとも限らない。
    だって、人間はそれぞれ個性、信仰、嗜好があるはずだから。
    今回の犯人のあまりにも一人よがりな動機も、理解出来なくはなかった。

    ただ、小説として面白かったかと言われると本作はビミョー…。
    犀川と萌絵のやりとりを今回もニヤニヤしながら楽しみました。
    三歩進んで二歩(時に四歩!?)下がる…でもたまに急に五歩進む…ってな、のらりくら~り感がたまらない。(笑)

  • 動機を理解することは不可能と言われても、少し消化不良を感じた。

  • 読み終わったのだけれど、ちょっと急ぎで読んで消化不良な感じなので、いつか再読したいけれど、

    あまりおもしろくなかった印象。

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

詩的私的ジャック (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

ツイートする