詩的私的ジャック (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.39
  • (270)
  • (711)
  • (1715)
  • (110)
  • (14)
本棚登録 : 6557
レビュー : 542
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062647069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回は3つの密室と4人の死体から成り立つトリックでした。
    頭ひん曲がりそうになりました。
    犯人を非難するのでなく、「本当にやったとは思えない」と警察が語る所は切なかった。
    萌絵ちゃんが少し大人になりました。

  • シリーズ4作目です。
    順調に読み進めております^^

    前作までは、島だとか建物だとか世間から離れた場所で殺人事件が起こっていたのに対し、今作では街中の2つの大学で殺人事件が起こるので、自然と登場人物の行動範囲が広くなり、その分世界観も広がっています。

    「人を殺す」という大層なことをするからには、理由には憎しみや怒りなどの感情が絡んでくると思うのですが、今まではトリックとそれを解くことがお話のメインで、その部分に触れたお話はなかったように思います。
    今作も犯人の動機は理解しがたいですが、今まで登場したどの人物より篠崎には人間味があるような気がして(萌絵が言うようにハートがあるってことでしょうか)、少なくとも彼が犯人をかばっていたのは感情に基づいた人間的な理由があったということが印象的でした。

    あとはやはり「詩的私的ジャック」がよく効いていますね。カッコイです。

  • 『英語で言える?』 は反則。痺れた。

  • 既読
    再読

  • 再読

  • <本全体、あるいは各章ごとの概要>

    <個人的な知識・ターム>
    * 覚えておきたい事(本全体の主張と関係なくともよい) + キーワードで興味のあるもの
    * 短い説明とページを記入
    <引用>

    <自分の見解>
    * 読後感・意見・反論・補足など書きたいと思ったこと

    <読書回数>

  • 【あらすじ】
    那古野市内の大学施設で女子大生が立て続けに殺害された。犯行現場はすべて密室。そのうえ、被害者の肌には意味不明の傷痕が残されていた。捜査線上に上がったのはN大学工学部助教授、犀川創平が担任する学生だった。彼の作る曲の歌詞と事件が奇妙に類似していたのだ。
    【感想】
    連続殺人事件、と、小説の中で聞くと、少しいろいろと頭の中で想像を膨らませてしまう。犯人は一体どんな連続性をもたせて殺したのか、いや、殺さなければならなかったのか。その動機は数えきれない。でも今回の…「リセットしたかった」という動機には、唖然とした。自分をゼロにするために、何の罪もない人を殺したのか。これにはさすがに憤りを感じた。この間にあったいろんなやり取りにも、言いたいことは山ほどあるし、理解できないこともたくさんある。今回の事件は、なんだかすっきりしない事件だった。

  • 読んでからもう苦しくて苦しくて。ものすごい脱力感があった。
    国枝さんの、あまりにも女性的な発言にとても驚いた。私が同じように、私なら中国に行くって言われたら、すごく泣きたくなるかもしれない。普通出来ないし、でもそういうことをすぐに言える女性は女性として素敵だと思った。一番女性らしいキャラクターなのだろうな、と感嘆した。
    萌絵の揺れる気持ちも、個人的にはすごく理解出来るし共感出来て、私は好きだった。危ない感じに惹かれる気持ちも、何となくつられる気持ちも、非常にリアリティーがあるように思えて楽しめた。
    最後、主人公たち2人が、人の恋愛感情を芸術と示すのは、あえて理解出来てないかのように演出したのだろうか。問題提起だと思えるので、それがとても苦しい気持ちにさせた作品だった。
    動機も良かったし、とても面白かった。

  • ジェンダーフリーであること、論理的に説明されて爽快、萌絵の感情が手に取るようにわかって共感できる、犀川の発する言葉が綺麗、理系要素満点のトリック、最後までわからない犯人

  • 四作目。個人的には前作「笑わない数学者」の方が好み。序盤は少し長く感じますが後半は大変良かったです。キーワードとなる歌の歌詞について、登場人物がヒロインに解説するシーンがあります。ここが一番良かった。タイトル通り「詩的」であくまで「私的」な考察はとても理解できる。「ジャック」という呼称にのせられる幻想が、他の読み物と似ているところもあり、そうでないところもあり。その辺も比べると楽しい。
    しかしながら一番素敵なのは、それらが事件の解決にはなんら意味をなさない、様な気がする所です。
    後半にいくほど面白いです。オススメです。

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

詩的私的ジャック (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

ツイートする