「紅藍の女」殺人事件 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.29
  • (3)
  • (6)
  • (24)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 91
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062648745

作品紹介・あらすじ

新進ピアニスト・三郷夕鶴の相談を受けた浅見光彦。夕鶴の父が「はないちもんめ」というメッセージを受け取って以来、様子がおかしいのだという。浅見は、夕鶴の話から深い秘密の存在を感じ取り、三郷家の古里、山形県河北町を訪ねる。童歌に秘められた過去、連続する殺人事件、浅見の推理が冴えわたる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 浅見さんが色んな意味でまだ若い。小さい頃にドラマで見た浅見さんだ。

  • 三郷夕鶴を主人公として、その親、親の兄弟、友人などを巻き込む殺人事件。

    警察官を家族に持つ、素人探偵浅見光彦が活躍する。
    栗本薫の伊集院大介のように、完璧な素人で、神のような視点で解決していく。

    山形の紅花が主題になっている。

  • 新進ピアニスト・三郷夕鶴(みさとゆづる)に相談を受けた浅見光彦。夕鶴の父が「はないちもんめ」というメッセージを受け取って以来、様子がおかしいのだという。浅見は、夕鶴の話から深い秘密の存在を感じとり、三郷家の古里、山形県河北町を訪ねる。童唄(わらべうた)に秘められた過去、連続する殺人事件、浅見の推理が冴えわたる。

  • なんかなんかなんか、旅行に行きたいがために書いてらっしゃる?

    火曜サスペンス……土曜ワイド劇場……。借りたのあと5冊あるのねぇ。

    『水戸黄門』とかの人気と一緒なのでしょうねぇ。

全5件中 1 - 5件を表示

「紅藍の女」殺人事件 (講談社文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする