三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (764)
  • (1019)
  • (1847)
  • (190)
  • (53)
本棚登録 : 8316
レビュー : 943
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062648806

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本を読む人たちに書かれた本
    本を読む人たちに本が作られる背景を読ませる本
    と、いうようなイメージ

    第2部まで読んで、後の解説を読んだり、他の人の感想ブログを読んで、いろんな意味でがっかりした。シリーズものだと…!
    TSUTAYAでなんとなく買ったものなのに4冊に及ぶシリーズものだなんて゜゜(´O`)°゜
    第一篇がこれだったのが幸いだったかな。

    3月は~という本にまつわる4部のストーリーで、3月には内と外の2冊が存在する。ここは他のネタバレでも書かれている通りだから、あまり記録はしておかない。
    不思議なのは内も外も、その本の存在を作ったのは作者である恩田陸さんで、当の本人も第4部にて私という一人称で登場してくる。本当に物語のなかの物語が呼応して現実と物語が共存しているような世界だった。
    別個で言えば、第2部と第3部がおもしろかったかな。第4部はこの後続いていく続編に繋がっていくのかな。

    読み終わってカバーを外して出てきた表紙イラストがまたいい。この本のすべてをぎゅっと詰め込んだようなイラスト。

  • すべてが謎めいた1冊の本はどこに?

    鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に2泊3日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、10年以上探しても見つからない稀覯本(きこうぼん)「三月は深き紅の淵を」の話。たった1人にたった1晩だけ貸すことが許された本をめぐる珠玉のミステリー。

  • 複数話で構成されているミステリー。
    話はそれぞれ独立しているが、この「三月は深き紅の淵を」というタイトルの本にかかわりがあるという点だけは共通している。
    答えはない。答えを求めるというよりも、この本にまつわるそれぞれの話を楽しむ感じ。

  • 物語は読者のために存在するのでも、作者のために存在するのでもない。物語は物語自身のために存在する。

    ***

    四部構成になる幻の本「三月は深き紅の淵を」を巡った四つのストーリー。私はこれが一続きのお話かと思って読んでいた。まぁ違うとも言えるしそうだとも言える。

    物語は物語自身のために存在すると文中にあったが、正に物語が物語を創造しており一つの物語はそれぞれパラレルワールドを持っているように映って見えた。

    本は、文章、物語は、活字化され製本され人の手に渡ると、それ自身が生き物のように新たな場所に息吹を吹き込む。

    うーん、深いストーリーだ。「夜のピクニック」ぶりの恩田陸。ハマりそう。物事の描写が緻密だけどアクがなく流れるように読めてしまう。すごいー。

  • 4部作
    序盤は入り込むのに時間はかかったが読むとどんどん吸い寄せられて行く。
    4部目はかなり興味深かったが、最後が理解できず星4つ

  • ミステリなんだろうか。久々に夢中になって読んだ。

  • 奇妙。結局4部作の意味わからんかった。

  • 「三月は深き紅の淵を」
    一つの本をめぐる物語。


    私は、恩田陸の小説をたくさん読んでいるわけではない。しかし、この小説を読む限り、小説(物語)とは?に関して強い拘りがあるタイプなのかなと感じました。なぜなら、一つの本をめぐる物語だけならば、そこまで拘りを感じないけど、第1章は、久方読んでないからこそのインパクトかも知れないですが、「よく本について喋る連中だ」と読者(少なくとも私に)に思わせるパワーがあるから。


    なんで第1章はそこまで思わせるかとなると、そのよく喋る連中は、きっと恩田陸の本に対する考えや想いを代弁しているからであり、恩田陸の小説家としてのプロットが詰まっているように感じるのです。


    フィクションとはいえ、作家の想いを小説の登場人物に代弁させるというのはよくあることだろうから不思議はないけど、こと小説はこうだ、いや、ああだ、という代弁の仕方になると珍しいように思うし、その珍しい代弁の語りには「物語とはこうあるべきだ」といった考え方や「本はやっぱりこうだ。本を読んでいる人はゲームよりも疎まれる」など世俗的な話まで出てきてここまで熱く語られては、恩田陸は当時こんな風な想いがあったんだなと感じざるを得ないですね。


    "生まれて初めて開いた絵本から順番に自分が今まで読んできた本を全部見られたらなって思うことありませんか?一つの本棚に順番に収まっている図書館がそれぞれにあって他人の読書ヒストリーを除くっていうのも面白いだろうな"という台詞には、なんか物語への愛情がダダ漏れで過ぎなフレーズですね。


    あらすじが後付けですが、こんな感じです。


    「三月は深き紅の淵を」は、誰が書いたか分からない幻の本。1人の人物が書いたか合作か。男が作者か女か。目的は何か全くわからない。そんな本は、限られたルートで配布され、作者は明かさないことなど厳重な約束が配布者と読者で交わされる。中でも読めるのは、一晩だけというルールは、きつめ。なぜならこの"三月"は「黒と茶の幻想」、「冬の湖」、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、「鳩笛」の4部作であり、かなりのボリュームなのだ。


    上記をベースに本書は「待っている人々」「出雲夜想曲」「虹と雲と鳥と」「回転木馬」の4部作で進んでいきます。物語への愛情諸々が語らい続けられるラフなミステリーは、第1部です。ただ第1部と同様に恩田陸の信念が垣間見えるのが、第2部ですね。こちらも代弁者からよく想いが伝わります。一方、恩田陸の想いではなく純粋な読みものに近いのは、第3、4部だと思います。


    初期作品とのことですが、きっと恩田陸の信念は、このころから出来上がっていたんだろうなとちょっと感じさせる一作ですね。「夜のピクニック」から入った人はとっつきにくいと思いますが、恩田陸のプロットを知る上では読むのは一理あり。

  • 作者不詳の四部作に、四部作の形式でその詳細に迫る。
    それぞれがそれぞれのアプローチを展開し、その中で描かれる人間模様や個性が面白い。
    家やカフェなどでのんびりしながら読みたい作品。

  • 幻の本「三月は深き紅の淵を」をめぐる物語。
    作者の本や小説に対する想いや考え方が
    色々詰まった物語でちょっと難しいところもあったけどなんだか不思議な世界に引き込まれる物語だった。
    同じ作者の他の物語ともリンクしてるみたいでそっちも読んでみたくなりました。

全943件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)のその他の作品

恩田陸の作品

ツイートする