この国の失敗の本質 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.22
  • (0)
  • (4)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062648929

作品紹介・あらすじ

薬害エイズ、証券・金融腐敗。阪神大震災への拙劣な対応。超優良企業が社会に背を向け、モラルを喪失したエリートが私利をむさぼる。戦後半世紀、いったいこの国に何がおきているのか?再生への道は常に現場にありとする著者が、蔓延する精神の頽廃にメスを入れ、価値観の一八〇度転換を訴える警世の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あらゆる要素を抽出し、時代の抽象化をすることで、未来の形を捉えることができるということをはじめに感じた。やはり歴史から学ぶことは多い。

  • 結構古い本で、阪神大震災とか、
    もんじゅとか、オウムとか、第二次世界大戦とかがテーマなんだけど、
    その当時から全く変わってないな日本は。って思った。

    東北の大震災や福島原発はその当時の反省を少しでも活かせてるのでしょうか??

    あまりにも「縦割り・内向き・保守」が染みついてしまっている気がする。

    もちろん私も例外でなくて。

    もし私が、戦時の人間で、死ぬか捕虜になるかみたいな場面があったら、
    きっと、死ぬことより狭い社会でつまはじきにされることのが怖くて死んで行ってたんだろーなぁと思います。

    今だって、自分がピラミッドのどの位置にいるかとか気にしてびくびくして、枠組みの中で物事考えて、自分がどう思われてるのかとか、
    そんなばっかりで、それじゃこの本に書いてあることと同じ。

    まずは間違いを認めること、人に助けを求めることから始めてもいいんじゃないかなって思いました。

  •  面白い。
     段々柳田邦男のノンフィクションに飽きてきた。

全3件中 1 - 3件を表示

この国の失敗の本質 (講談社文庫)のその他の作品

この国の失敗の本質 単行本 この国の失敗の本質 柳田邦男

柳田邦男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
J・モーティマー...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

この国の失敗の本質 (講談社文庫)はこんな本です

この国の失敗の本質 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする