まどろみ消去 (講談社文庫)

著者 :
制作 : 山田 章博 
  • 講談社
3.27
  • (120)
  • (247)
  • (962)
  • (76)
  • (12)
本棚登録 : 3366
レビュー : 258
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062649360

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【あらすじ】
    大学のミステリィ研究会が「ミステリィツアー」を企画した。参加者は、屋上で踊る三十人のインディアンを目撃する。現場に行ってみると、そこには誰もいなかった。屋上への出入り口に立てられた見張りは、何も見なかったと証言するが・・・・・・。(「誰もいなくなった」)ほか美しく洗練され、時に冷徹な11の短編集。

    【感想】

  • 短編集。「ミステリィ対戦の前夜」「誰もいなくなった」にS&Mシリーズの人物(西之園萌絵など)が登場。

    【感想】
    ミステリー作品が主だが、スリップストリームの色が濃い短編も含まれる。個人的に良かったのは「キシマ先生の静かな生活」。理系のエッセンスが入った著者の作品はやはり面白い。
    一方で、レトリックを使った作品が目立つため、S&Mシリーズのような論理的展開を期待した人には肩透かしかも。

    【収録作】
    虚空の黙禱者/純白の女/彼女の迷宮/真夜中の悲鳴/やさしい恋人へ僕から/ミステリィ対戦の前夜/誰もいなくなった/何をするためにきたのか/悩める刑事/心の法則/キシマ先生の静かな生活

  • これは短編集ですが、それぞれ独立した話であるものの、S&Mシリーズの萌絵が出て来たりと好みのものもそうでないものもありました。
    私の好きなのは『虚空の黙禱者』『彼女の迷宮』『誰もいなくなった』『悩める刑事』です。非常にわかりやすいものばかりですが。

  • 森さんらしい謎解き

  • 大学のミステリー研究会が「ミステリーツアー」を企画した。
    参加者は、屋上で踊る30人のインディアンを目撃する。
    現場に行ってみるとそこには誰もいなかった。
    屋上への出入り口に立てらてた見張りは、何も見なかったと証言するが、、、。
    美しく洗練され、時に冷徹な11の短編集。

  • キシマ先生がはいっている。
    電子書籍、蔵書

  • 「虚空の逆マトリクス」で少し苦手意識のあった、森博嗣の短編。
    しかし、今回はハマった。

    短編だけに、そこまで壮大な逆転劇はないだろう、と踏んで読み進めていたら大違い。

    予想を裏切られること、裏切られること。

    S&Mシリーズの萌絵も、少しだけど犀川先生も登場する、相変わらずのファンサービスぶりが嬉しい!

  • S&Mシリーズの短編が収録されているとのことで、購入したまま放置していました……。やっと読めた!
    森さんの短編かぁ、と敬遠していたんですが、これはこれでアリかな。
    というか、個人的に恩田さんの匂いがして好き。お気に入りは「純白の女」と「悩める刑事」
    そして、犀川先生がラストに登場する「誰もいなくなった」。犀川先生が登場するとほんとに話が締まる。
    ラストの「キシマ先生の静かな生活」はロングバージョンがあるらしいので是非それも読んでみたい。

  • 森博嗣が初めて書いた短編集となる。全部で11篇。「ミステリィ対戦の前夜」と「だれもいなくなった」はS&Mシリーズのキャラクターが登場します。「だれもいなくなった」は、あの作品からの伏線かと感じます。(ここでは公表しません。探してみてください)

    私が一番好きな物語は、「純白の女」でしょうか。
    ミステリィではありませんが、幻想小説な雰囲気を醸し出している作品かなと。

  • どんな内容だったか?

全258件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

まどろみ消去 (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

ツイートする