萌がさね―藤原道長室明子相聞 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (492ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062649773

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 藤原道長の妻、明子の話。


    時代が現代と全然違うせいか、登場人物の誰にも感情移入できなかった。


    道長は苦手。彰子は天皇の寵愛を受けていないのにあんなに頑張ってるんだぞみたいなことを涙声で言ってるけど、天皇が定子一筋なの分かってるくせに差し出したのは自分じゃないか。


    明子も苦手。いい人だと思ってたのに・・・って倫子を非難してるけど、自分の子供の方が可愛いのは当たり前じゃないかなあ。自分のイメイジを相手に押しつけすぎ。


    一言で言うと、めんどくさい。

  • 栄華を極めた藤原道長の系図を見た時、ふと気になってしまう女性。正室倫子に並び"ふたり妻"と呼ばれた道長の妻、源明子。あまり知られていない存在を、作者の自由な感性で主役として描きあげた、とっても読み応えのある小説でした。
    淡い初恋や男の片思いが切なく彩る、歴史恋愛小説ですね。

全4件中 1 - 4件を表示

萌がさね―藤原道長室明子相聞 (講談社文庫)のその他の作品

鳥越碧の作品

萌がさね―藤原道長室明子相聞 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする