殺人喜劇のモダン・シティ (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.07
  • (0)
  • (2)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062649797

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新聞記者の宇留木くんと推理小説好きの女学生鶴子さんが事件に巻き込まれる(というか自ら渦中に入っていく)探偵譚シリーズの第1作。時代は昭和9年。舞台は大阪。このシリーズの特徴はその時代の映画演劇文藝に関する事物が大量に登場すること。興味は連続殺人事件の犯人探しより、エンタテイメントの歴史にいってしまいます。ページをめくるごとに、ふ〜ん。へ〜。そうだったの。と、知らなかった昭和初期のエンタメの世界が拡がります。しかしホントに良く調べられていますね。肝心の推理部分ですが、密室、時刻表、衆人環視の中で‥など多岐に富みます。そして最後には大きなどんでん返しが‥。推理小説はあまり得意ではありませんがそれなりに楽しめるのではないでしょうか。でも、この小説のキモはなんと言っても昭和初期の風物でしょう。“モダン”イイ響きだ。続編は連作短編の「少女探偵は帝都を駆ける」です。え!?帝都??

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1958年大阪市生まれ。同志社大学卒業。読売新聞記者を経て、『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞。主に本格ミステリーを執筆しつつ、ジュヴナイルやアンソロジー編纂・編訳も手掛ける。

「2018年 『名探偵シャーロック・ホームズ 全5巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

殺人喜劇のモダン・シティ (講談社文庫)のその他の作品

芦辺拓の作品

ツイートする