現代思想の源流 (現代思想の冒険者たち)

  • 講談社
3.18
  • (0)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062659000

作品紹介・あらすじ

プロローク 四人の偉大な思索者;第1部 マルクス-神話的幻想を超えて;第2部 ニーチェ-力への意志のモルフォロギー;第3部 フロイト-意識のブラックホール;第4部 フッサール-身体と大地のアルケオロジー;エピローグ 新しい時代の知的生産のために

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「現代思想の源流」となった4人の思想家を取り上げて、彼らの思想がそれに続く思想家たちにどのようなインパクトを与えたのか、また、今日あらためて彼らの仕事を読みなおす意義はどこにあるのかが、執筆者自身の見解を交えつつ論じられている。

    今村仁司は、ドイツ観念論などの哲学の「外部」を「指差し」する批判的役割こそが、マルクスの「唯物論」のもっとも重要なポイントだと主張する。こうした観点から見るとき、俗流マルクス主義の経済的決定論のみならず、ルカーチやサルトルの人間主義的マルクス主義も、あるべき人間の姿を観念論的に思い描いているという批判を免れない。

    ニーチェを論じる三島憲一は、19世紀から20世紀にかけてのドイツ精神史に関する幅広い知見を披瀝しつつ、ニーチェの思想にさまざまな思潮が流れ込むと同時に、さまざまな思潮がそこから流れ出ていることを明らかにする。だが、そのことがただちにニーチェの思想のアクチュアルな意義を証明することにはならない。現代における不透明な時代経験を「力への意志」や「永遠回帰」といった哲学的キャッチ・フレーズでなで斬りにするニーチェの言説から、左右両極にわたるさまざまな教訓を引き出すことが可能だということにすぎない。こうした批判を展開した上で、ベンヤミンによるニーチェの継承の仕方には特別な位置づけが与えられると三島は考えている。そこには、時代の神話を批判したはずのニーチェ自身が、新たな神話を作り上げてしまったことに対する鋭い批判がある。

    鷲田清一は、デカルトに始まる近代的コギトを解体したフロイトの仕事の意義を解説している。私たちの意識の背後にある「無意識」は、そのままの仕方で意識にもたらすことはできない。それゆえ、無意識を読み解く精神分析という営みは、「主体の系譜学」という意義を持つ。

    野家啓一は、デカルト主義者として徹底的な還元を押し進めながら、晩年にはもはや還元することのできない「生活地平」へと至りついたフッサールを、モダンとポストモダンの境界に立つ哲学者として論じている。

  • 懐かしい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1942年岐阜県に生まれる。1970年京都大学経済学部大学院博士課程修了。元東京経済大学教授。2007年歿。著書『交易する人間』(2000、講談社)『清沢満之と哲学』(2004、岩波書店)『抗争する人間』(2005、講談社)『マルクス入門』(2005、筑摩書房)。訳書 ブルデュ『実践感覚』全2巻(共訳、1988/1990、みすず書房、新装版2001、新装版2018)アルチュセール他『資本論を読む』全3巻(1997、筑摩書房)マルクス『資本論』第1巻(共訳、2005、筑摩書房)ほか。

「2018年 『実践感覚 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今村仁司の作品

ツイートする