ふたりのぶとうかい (いわさきちひろ・名作えほん)

  • 講談社 (2005年7月16日発売)
3.56
  • (2)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 21人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062667845

ふたりのぶとうかい (いわさきちひろ・名作えほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ウェーバー音楽より

    ‥ハテ

  • 音楽が好きだけれど貧しい男の子がお屋敷の木の上で音楽を聴いていようとしていたら門番に追い払われてしまう。
    庭の方へ向かうと白い服の女の子がいた。
    男の子には音楽が聴こえるようで、二人は躍り続けた。
    庭の植物と一緒に踊ったり、少し疲れてきたら池の水の上で踊った。
    気がつくと海まで来ていて、大男が迫ってきていた。
    大男はあの門番だった。
    波が来て大男は飲まれてしまった。
    男の子と女の子も海に飲み込まれそうになったところで77羽のツバメたちがやってきてもといたお屋敷まで運んでくれた。
    男の子はもう帰らなくてはならない。
    女の子は本物の舞踏会に出るのかを尋ねると女の子は布団に押し込められるそうだ。
    それを聞いて男の子は安心して立ち去っていった。


    このバレエの話は知らなかった。
    夢のような話が多いのだろうか。
    チャイコフスキーのくるみ割り人形を思い出した。

  • いわさきちひろの絵が好き。

全3件中 1 - 3件を表示

筒井敬介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ユリー・シュルヴ...
パトリック マク...
はた こうしろう
マージェリィ・W...
にしまき かやこ
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ふたりのぶとうかい (いわさきちひろ・名作えほん)はこんな本です

ツイートする