死靈 1945~95 ハニヤユタカゼンシュウ03シレイ

著者 :
制作 : 大江 健三郎 
  • 講談社
4.07
  • (6)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 56
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (895ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062680530

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 半世紀を掛けて書かれた哲学小説。ワタシはそれの続篇を書きたいと思っている。最終章は死靈達の黄昏としたいと思っている。

  • これは小説でいいのだろうか。。いいんでしょうか。。

    全集ものを職場の昼休憩で読もうとしたのが間違いですよね。読み終わるまでどれくらいかかったか。。。

    もちろん、一度読んだだけでは内容に追いつかないし、再読の必要性もあるでしょうが。

    こんなことを考える・作れる人は偉大ですね。。

  • 大学生のとき、大学の図書館で借りて読みました。難解かつ複雑な本です。哲学小説のようでもあり、ミステリのようでもある。登場人物が魅力的です。最後のほうは頭がこんがらがりました。未完(?)なのが悔やまれます。文庫で集め治したいです。ハードカバーの旧字体で読んだので大変でした。与志くんの名前が読めなかった(笑)釈尊とか出てきちゃって、どうなるのかとポカーンとなりました。

  • 2009/
    2009/

  • 未読。積読。

  • 心が和む

  • 伝説の小説「死霊」。難解をもって鳴る大著であり、挫折した人も多数。日本の文学史には類書無き観念小説であり、その文体、思想、著者の生き様・言動は多くの心酔者を生み、有害な影響を与えた。体力・思考力・読解力を試されるため、読書家のステータスのひとつと成っている。
    中身そのままに読めば、一青年の思想的格闘と、昭和の時代的風景、政治的思想を見事に結晶させた多様な読解を許容する小説(娯楽性もたっぷり)である。変に構えず読めば、最高の読書経験が待ってる筈。
    著者の意思(死後50年たって文学的価値があれば・・・)に反して、堂々と出た文庫版の方が読みやすいが、全集版を薦めるのは、編集者によって「9章未定稿」と題されたラストシーンが収録されている為。偉大なる挫折、著者の力尽きた姿がそこにある。
    誤植等が多く、編集方針にも疑問が多いこの全集は大失敗(涙)

全8件中 1 - 8件を表示

埴谷雄高の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
埴谷 雄高
ドストエフスキー
三島由紀夫
安部公房
ドストエフスキー
ウンベルト エー...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×