闇のなかの思想 1959~62

著者 : 埴谷雄高
  • 講談社 (1998年11月20日発売)
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 10人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (702ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062680554

作品紹介

埴谷雄高の小説・評論・エッセイ・翻訳等の全著述作品と、対談・座談・談話等を収録した全集の第5巻。本巻には、「憎悪の哲学」「夢について」「雑録風な附記」「不可能性の作家」「自由とは何か」「宇宙のなかの人間」「悲劇の肖像画」等127篇を収録。

闇のなかの思想 1959~62の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2009/
    2009/

    決定的な転換期 亡命者についての文学 尾崎秀樹『生きているユダ』 空間人時代 「椎名麟三」解説1 憎悪の哲学 ふくらむ可能性 夢について 木下順二『ドラマの世界』 ルーム・クーラー 堀田善衛『上海にて』 体制破棄の姿勢 開高健『屋根裏の独白』 不思議な犯人 安部公房『第四間氷期』 うえ谷とむこう坂 精神の食いちがいのかたち レーヴィット『知識・信仰・懐疑』 ドストエフスキイ『作家の日記』 安保体制の見取図 革命の意味 現代の不思議な対比 ガウディ 堀田善衛『後進国の未来像』 デモについて 唯今漂流中 可能性の作家 第三回ソ連作家大会 ロベルト・ロッセリーニ『ロベレ将軍』 井上光晴『虚構のクレーン』 未知を見るもの ストロング『人民公社は拡がり深まる』 江藤淳『作家論』 全学連と救援運動 『転向』中巻 断崩病について 『「愛」のかたち』の頃 雑録ふうな附記 分裂と連帯 海鼠塀の想い出 観測者の内界 ルフェーヴル『歴史の証人』 現実と透視力 大審問官の顔 若い日の熱気 寺尾とし『伝説の時代』 荒エレクトロニクス 北杜夫の「びつくり箱」 自己権力への幻想 六月の《革命なき革命》 堀田善衛と開高健 若い文学者に望むこと 不可能性の作家として 中村光夫『想像力について』 武田泰淳 不可能性の作家 自由とは何か 椎名麟三『罠と毒』 野間宏小論 井上光晴『死者の時』 暗い戦慄 選挙について ローマン・グーリ『アゼーフ』 現代的知性の構図 書かでもの記 暗殺の美学 喋るセキセイ 文学者の性理解 本多秋五『物語戦後文学史』 大沢正道『バクーニンの生涯』 開高健『過去と未来の国々』 永久革命 渋谷定輔『野の魂と行動の記録』 無記憶型 闇のなかの思想 『過去と未来の国々』を読む 竜の法螺 構成と思想の図式 インテリゲンチャ論 短篇への要望 精神病型 宇宙のなかの人間 竹内好『魯迅』 松沢弘陽『マルクス主義における思想と集団』 死者の哀悼者へ 倉橋由美子『人間のない神』 津田道夫『国家と革命の理論』 はじめの頃の島尾敏雄 福永武彦『ゴーギャンの世界』 アンケートへの答1 サド裁判を傍聴して いいだ・もも『斥候よ夜はなお長きや』 エレンブルグ『わが回想』 《なし崩し》の季節 ドストエフスキイにおける表現 党と大衆団体について 悲劇の肖像画 渋沢竜彦『黒魔術の手帖』 社会主義のなかの「罪と罰」 アンケートへの答2 純文学の建設見積書 丸山真男『日本の思想』 抑圧の武器と反逆の武器 寝ている者の傍らで 大量殺人と国家 江藤淳『小林秀雄』

  • 未読。積読。

全2件中 1 - 2件を表示

埴谷雄高の作品

闇のなかの思想 1959~62はこんな本です

闇のなかの思想 1959~62を本棚に登録しているひと

ツイートする