巨泉 2 The New Fifties

著者 : 大橋巨泉
  • 講談社 (2003年1月発売)
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062683593

巨泉 2 The New Fiftiesの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Bed & Breakfast, Backpacker's HotelをInternetで探してみるとよい。Canada, Australia, New Zealandの水は安全。

    [Vancouver] 犯罪率は低い。各国の料理が楽しめる。巨大なチャイナタウンあり。四季のスポーツ。投資家ビザ or 企業家用ビザ(やや門戸狭い)。90日は観光ビザでStay可能。シアトルまで車で2時間。夏は日が長い。アンティークショップ多数(バンクーバー市内、アメリカ側のSnohomishスノーミッシュにも多数)

    [Gold Coast] 1年中温暖。日本食の入手も簡単。Retirement Visaの取得が比較的簡単(65万豪ドルを預金する) 90日は観光ビザでStay可能。永住権取得は厳しい。四季の変化なし。紫外線強い。亜熱帯なので虫が多い。自動車は必需品(電車がない/バス不便)。賃貸コンドミニアム2000豪ドルくらい。ブリスベンにアンティーク街あり。レストランはBYO (酒持込)が多い。

    [New Zealand (Auckland)] 魚介類豊富。肉が安い。食費は全体的にとても安い。食事はオーストラリアよりもレベルが高い。ワインが旨い。キャンプや釣り好きには最高。投資家ビザが現実的か(英語のテストもある)。90日は観光ビザでStay可能。55歳以上では永住権が取れなくなった。治安がよい。冷房いらず。亜熱帯ではないので虫が少ない。窓を開けたまま生活できるのがよい(オーストラリアはこれができない)。夏でも湿度が低い。レストランはBYO (酒持込)が多い。中華料理はオーストラリアより旨い(中国系移民が多い)。住宅が安い。観光地ロトルアまでオークランドから車で3時間。NZ→成田→バンクーバーの往復チケットが安い(1年オープン)。

    [New Zealand (南島のクライストチャーチ)] 短期ならキッチン付きモーテルが安い。冬場は少し辛いらしい。

  • こんな生き方もあるのですね?

全2件中 1 - 2件を表示

大橋巨泉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする