織豊政権と江戸幕府 (日本の歴史)

著者 : 池上裕子
  • 講談社 (2002年1月7日発売)
3.44
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 20人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062689151

作品紹介

信長の天下布武はどこまで時代を見通したか。金銀使い、安土築城、貿易促進に見せた新しさとは。継承者・秀吉の検地や刀狩政策は、町村にどのような「平和」をもたらしたのか。無謀な朝鮮出兵の真のねらいは何か。そして家康の身分固定支配の結果、民衆はどう生き始めたか。中世から近世への激動をへて、保たれ続けた町村の自治とは-。被支配者の視点から統一の意義を問い直す。

織豊政権と江戸幕府 (日本の歴史)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 信長と秀吉の土地政策、都市政策と天下統一構想について。

  • 日本の歴史(15)
    織豊政権と江戸幕府  織豊時代〜江戸時代初期
    ISBN:9784062689151
    ・池上裕子(著)
    講談社
    2002/01/10出版
    390p 19cm(B6)


    ◆要旨 (「BOOK」デ−タベ−スより)
    信長の天下布武はどこまで時代を見通したか。金銀使い、安土築城、貿易促進に見せた新しさとは。継承者・秀吉の検地や刀狩政策は、町村にどのような「平和」をもたらしたのか。無謀な朝鮮出兵の真のねらいは何か。そして家康の身分固定支配の結果、民衆はどう生き始めたか。中世から近世への激動をへて、保たれ続けた町村の自治とは-。被支配者の視点から統一の意義を問い直す。

    --------------------------------------------------------------------------------
    ◆目次 (「BOOK」デ−タベ−スより)
    第1章 「天下布武」をめざして
    第2章 都市・流通の世界と信長
    第3章 地上の神の挫折
    第4章 関白政権の成立
    第5章 検地と刀狩
    第6章 村の世界
    第7章 秀吉の重商政策と都市の発展
    第8章 朝鮮出兵と政権の動揺
    第9章 江戸幕府の成立

全2件中 1 - 2件を表示

池上裕子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
河野 康子
キャロル・グラッ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする