ウラナリと春休みのしっぽ (YA! ENTERTAINMENT)

著者 :
制作 : 玉越 博幸 
  • 講談社
4.14
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062693653

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長野の中学を卒業したサクラは、大人しくて自分のカラに閉じこもっていたこれまでの自分と訣別すべく、東京の高校で女子寮生活を送ることに。
    しかし、思い当たる男からストーカーに遭ってしまう。
    そんな時、あのウラナリは…?

  • あとがきにハヤブサが書いていたように、前2作とは違った雰囲気。
    それが、面白かった!
    ハヤブサがおかしくなった!とハラハラしたけど、違ってた。

  • 最高-!!

  • やっと3巻目です。でもコレは1,2巻よりも好きです。書き方も少し変わってるし、描写をする人物が毎章変わって、誰視点なのかよく分からない感じがいいなと思いました。でもストーカーが相当キモいです。衝撃的だったけど、ハヤブサがどんどん格好良くなっているような気がするのでいいと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

板橋雅弘(いたばし まさひろ)
東京都出身のマンガ・絵本原作者、小説家。イタバシマサヒロ名義もある。中央大学法学部卒。ラブコメ漫画『BOYSBE…』の原作を手掛けたほか、さまざまな作品の原作を担当している。
代表作に、2018年9月に映画化される『パパはわるものチャンピオン』、『パパのしごとはわるものです』、『ぼくはまいごじゃない』など。

ウラナリと春休みのしっぽ (YA! ENTERTAINMENT)のその他の作品

板橋雅弘の作品

ツイートする