ミッシング・ガールズ ─レイの青春事件簿1─ (YA! ENTERTAINMENT)

著者 :
制作 : 梶山 直美 
  • 講談社
3.40
  • (8)
  • (12)
  • (20)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 135
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062693660

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ティーン向けミステリ。
    野沢レイは天の川学園の高校1年生。「現代アート研究会」に所属するも卒業生が残した謎のメッセージを解くことに。
    電子書籍のセールで購入。
    案外面白かった。
    (電子書籍 楽天kobo)

  •  電子探偵団の団長こと野沢レイが、天の川学園に通う女子高生だったころに起きた同級生たちの失踪事件を解決する物語。

     レイが若返った分レイらしさが薄まってしまった感じはありますが、電子探偵団と同じ空気で楽しく読み進めることができました。

  • 野沢レイは天の川学園の高校1年生。
    「現代アート研究会」に所属し、毎日がアートな気分(?)。
    ところが、卒業生が残した謎のメッセージが見つかり、気分はミステリーモード。
    おまけに学園には、あやしい影がしのびより…。

  • 野沢レイは天の川学園の高校1年生。「現代アート研究会」に所属し、毎日が“アートな気分”(?)。ところが、卒業生が残した謎のメッセージが見つかり、気分はミステリーモード。おまけに学園にはあやしい影がしのびより……。

  • レイさん大好き(*^^*)*
    レイさんが本当に素敵に登場している話。

  • 購入日:200?/??/??
    読了日:2009/02/26
    『面白い話は読みたい!青龍編』のパスワードのSF編が余りにも面白くなかったので、これかで読むのを控えていた本。
    青い鳥文庫の「パスワード」シリーズの野沢レイの高校時代の話。

    レイさんはミステリー愛好会にでも入っていたのかと思っていたけど、現代アート研究会だったようで。

    パスワードに比べるとだじゃれクイズが少なめかな。
    一話完結のシリーズものだと思っていたが、繋がりのあるシリーズもののようだ。

    この作者の登場人物の喋らせ方。
    以前は語尾などが大袈裟だなぁ、と思っていただ、最近はキャラの特徴がよく見えていいと思うようになったよ。
    パスワードシリーズのダイと、少年時代の金丸泰造の語尾が同じ。

    読む前は、副題の“ガールズ”はレイのことを指しているのだと思っていたよ。



  • 憧れのレイの高校時代のはなし。
    いやーちょっと無理があるところもいいや。レイさんだし。
    あるく百科事典が隣にいてほしいなー

  • 図書館

  • レイさんの中学時代

  •  これは作者による登場人物への冒涜ではないだろうか。レベルの低い推理。語りたくもない。これでは彼女は道化ではないか!パスワードシリーズのほうが断然面白い。

全10件中 1 - 10件を表示

ミッシング・ガールズ ─レイの青春事件簿1─ (YA! ENTERTAINMENT)のその他の作品

松原秀行の作品

ツイートする