都会のトム&ソーヤ(5)IN塀戸下 (YA! ENTERTAINMENT)

  • 講談社
3.91
  • (108)
  • (77)
  • (125)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1032
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062693851

作品紹介・あらすじ

究極のゲーム作りをめざす創也とその夢を応援する内人。天才的頭脳とサバイバル能力を武器にして都会を舞台に繰り広げられる新・冒険ストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回は解決編!ナイトくんの脳内キャラと真田女史のエピソードがよかった!

  • 面倒なので下のみ登録。
    やっぱり短編より長編のほうが楽しい。伏線がいっぱいだし。
    リアルRPGってサバゲーみたいなのを勝手に想像してたから、正統派RPGで驚いた。この感覚はブックRPG以来だった。
    実はさりげないところに分岐がたくさんあって、それがバッドエンドにつながるんじゃなくて複雑なストーリーを作るなんて!手が込んでる。
    リアルにはいろんな人がいて人生があって、それが無数に絡み合って社会が構成されてる。そのリアルさをRPG で表現しようとするなんて素晴らしい!
    是非やりたいものだ、、、、!

    あと真田さん大好きです
    眉毛がなかったらもっと好きなのに、、、

  • まさかのおまけ話に真田女史!!!

  • 謎解きシーンがかなり複雑で頭を使ったけど、スッキリした。おまけの漫画も面白かった!

  • C8093

  • ニューの正体が意外。様々な工夫で現実世界か仮想現実なのかを混乱させる栗井栄太。最後にぎゃふんと言わされるのは誰か。誰が村の入り口を塞いだのか。IN堀戸編、ハラハラさせてくれました。

    最後の真田女史編も心がホッコリして大好きなキャラになりました。

  • SAN値減ってそうなエンディング。夢と現実の境界が曖昧な感じがドキドキもするし怖い。怖い!!!

  • 【図書館本】前巻からだいぶ間は空いたけど、とても楽しく読めた。広がりすぎた風呂敷、見事回収。しかも他の結末分岐匂わせたりとか、気になるんですけど……! 濃厚濃密。ニューの正体とかも驚いたし、見事“ぎゃふん”と言わされた! ぐぬぬ……。今回のハイライトは宇宙人の数え方かな。内人くんめげない子……! あと本編とは別枠で父親Sと真田女史! 意表をつかれてこちらも楽しかった! 父親たちが本編に絡むとよりたのしそうだなーと淡い期待www

  • チビ2号、小学校にて

  • ぎゃふん、はずるいなぁ。下巻は小ネタがやや若者向けに。

全62件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

はやみねかおる
1964年、三重県に生まれる。三重大学教育学部を卒業後、小学校の教師となり、クラスの本ぎらいの子どもたちを夢中にさせる本をさがすうちに、みずから書きはじめる。「怪盗道化師」で第30回講談社児童文学新人賞に入選。〈名探偵夢水清志郎事件ノート〉〈怪盗クイーン〉〈YA! ENTERTAINMENT「都会のトム&ソーヤ」〉〈少年名探偵虹北恭助の冒険〉などのシリーズのほか、『バイバイ スクール』『ぼくと未来屋の夏』『帰天城の謎 TRICK 青春版』(以上、すべて講談社)などの作品がある。

「2020年 『令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はやみねかおるの作品

都会のトム&ソーヤ(5)IN塀戸下 (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×