都会のトム&ソーヤ(6)≪ぼくの家へおいで≫ (YA! ENTERTAINMENT)

制作 : にし けいこ 
  • 講談社
3.97
  • (98)
  • (65)
  • (94)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 832
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062693998

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 副題がかわいすぎる

  • この作者は相変わらずwwwwwwww

    10代向けの本で40代が「懐かしい」という特撮を元ネタに使うなよww
    キャラクター使って自虐ネタっぽいことをやってるのも相変わらず(ぇ

    死ぬまで腐れ縁でつながってるんだろうなぁ、この二人は。

    じゃんけんのトリックとか、内人の3分間クッキングとかw

  • 【図書館本】さっくり読了。今回も面白かった。家の中でもサバイバル。ある意味リアルロープレだったwww 新しく出てきた人たちもなかなか味のあるメンツ。安心するw
    内人くんは1人で生きていけるだろうけど、そこに創也がいると活きる。傍観者としては楽しい。
    次巻からは自分たちのゲームに着手か。こっちも楽しみ。

  • チビ1号、小学校にて

  • 堀越さんと創也の家に遊びに行って、
    何か進展があるはずがない。
    まだそっけなくされるだけだ、という予想をはるかに上回り、今回は堀越さん、姿も見せず。

    卓也さん、矢吹の精進ぶりは相変わらずとしても、
    影の人物だったはずの黒川部長まで
    表舞台に出てくるとは、あなどれじ。

  • まさかのアシモフ。ちょっとくどいところもあるけど、気楽に読むにはちょうどいい感じ。

  • [ 内容 ]
    <1>
    クラスメイトの創也の秘密を、偶然知ったぼく、内人。
    その日から、塾通いに追われる退屈な生活が、がらりとかわった。
    創也といると、冒険がむこうからやってくるんだ。
    ―中学生コンビが活躍する、はやみねかおるの新シリーズ。

    <2>
    廃ビルの砦にこもって、究極のゲーム作りをめざす創也は、ライバルの天才ゲーム作家に会うため、手がかりを追ってデパートへ。
    しかし、そこで待っていたものは…。
    サバイバルの天才、内人を相棒に、都会の中で、新たな冒険がはじまる。

    <3>
    文化祭に銀行強盗が乱入して大パニック。
    その陰に潜む新たなる敵、頭脳集団!創也の頭脳と内人の技がこの事件に立ち向かう。
    卓也の日常ものぞけるシリーズ最新作。

    <4>
    内人と創也が幽霊屋敷でロケ開始!
    ロケ先で仕組まれた頭脳集団の罠から逃げきれるのか!?
    ―同級生のピンチを救うため、マラソン大会で脱走計画を実行した創也と内人は、幽霊屋敷の謎を追って、さらなる冒険へ。また、栗井栄太から新たな招待状がとどき、究極のゲーム制作競争にも新展開が…。
    シリーズ第4作。
    にしけいこ先生描きおろしコミック巻末収録+しおりつき。

    <5上>
    究極のゲーム作りをめざす創也とその夢を応援する内人。
    天才的頭脳とサバイバル能力を武器にして都会を舞台に繰り広げられる新・冒険ストーリー。

    <5下>
    究極のゲーム作りをめざす創也とその夢を応援する内人。
    天才的頭脳とサバイバル能力を武器にして都会を舞台に繰り広げられる新・冒険ストーリー。

    <6>
    創也が内人をお家へご招待!?
    ダージリンティーでもいれて、二人で優雅にティータイム…といくはずがとんでもないことに―。
    にしけいこ先生かきおろしの4コママンガも入ったもりだくさんの第6巻。

    <7>
    この世界を救うため、怪人を夢の世界まで追いかける―。
    そんな「究極のゲーム」をついに作りはじめる、内人と創也。
    しかしそこへ、謎の「ピエロ」からの不吉なメッセージが…。

    <8>
    新しいゲーム「怪人は夢に舞う」をついに完成させた創也。
    “自分が映らない鏡”を見つけて夢の世界から脱出できるのは、内人か?
    それとも、伝説のゲームクリエイター集団「栗井栄太」か?
    「ぎゃふん」というのは、誰だ。

    <9>
    中学校の職場体験学習。内人は念願かなって、美晴といっしょに町立図書館へ。
    一方、コンビニを任された創也は、売り上げを伸ばすために水鉄砲サバイバルゲームを企画。“前夜祭”から、熱くなりそうだ。

    <10>
    コンビニの売り上げアップのため、創也が企画した水鉄砲サバイバルゲーム。
    手ごわいメンバーの中、内人は優勝できるのか?
    「魔物」の正体は?
    前巻の謎がすべて解き明かされる、“前夜祭”解決編。


    <11上>
    伝説のゲームクリエイター集団、栗井栄太の新作ゲーム「DOUBLE」がベールをぬぐ!
    参加した創也と内人たちのまわりで、つぎつぎと不思議なできごとが。これはゲームか、現実なのか…?

    <11下>
    たんなるコンピュータゲームのように見えた「DOUBLE」は、やはりおそろしいゲームだった!
    創也と内人たちは、無事に謎をといて、ゲームの世界から脱出することができるのか…?

    [ 目次 ]
    <1>


    <2>


    <3>


    <4>


    <5上>


    <5下>


    <6>


    <7>


    <8>


    <9>


    <10>


    <11上>


    <11下>


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 怪人は夢に舞うが出来たのかと思いきや、間に創也宅訪問?!を挟んでくるとは(笑)
    箸休め的ストーリーでした。
    創也のおばあさまも初登場(?)で少し豪華かも。

  • 2人のコンビネーションも板についてきましたね。
    そして、頑張ってるのに報われない卓也さんを応援しています。

  • なんか何処まで読んだか忘れていましたが…。
    終わりはあるの?また、時々思い出したように読む気がします。

全48件中 1 - 10件を表示

プロフィール

三重県生まれ。『怪盗道化師』で第30回講談社児童文学新人賞に入選し、同作品でデビュー。他の作品に「名探偵夢水清志郎」シリーズ、「怪盗クイーン」シリーズ、「大中小探偵クラブ」シリーズなどがある。

都会のトム&ソーヤ(6)≪ぼくの家へおいで≫ (YA! ENTERTAINMENT)のその他の作品

はやみねかおるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
はやみね かおる
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

都会のトム&ソーヤ(6)≪ぼくの家へおいで≫ (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に登録しているひと

ツイートする