妖怪アパートの幽雅な日常(9) (YA! ENTERTAINMENT)

著者 :
  • 講談社
3.97
  • (124)
  • (101)
  • (105)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 836
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062694025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あと一冊でこのシリーズが終わってしまうだなんて、考えただけでも寂しいーっ(><)。
    人を思う気持の大切さとか、1人で決断し前へ進む力強さとか沢山このお話しからヒントを見つけることができたし、妖怪のお話がこんなにまで面白いことを気付かせてくれて、いつも読みながら主人公へ「頑張れーっ!!。君ならできる!!乗り越えられる」とわくわくドキドキだったから・・・。

  • 文化祭。

  • 9巻も面白かったです。夕士の高校最後の文化祭、わちゃわちゃしてたけど、青春、という感じでした。千晶の白学ラン姿…千晶の過去の話も色々と出てきて、なんて波乱万丈なんだと思いました。懐かしい登場人物も出てきて嬉しかったです。そういえば、今回は青木が全く出てこなかったな。るり子さんのご飯は今回もとても美味しそうです。とても続きが気になる終わり方でした。最終巻も楽しみます。

  • 【内容】
    文化祭が始まる。
    夕士クンたちのクラスのダシモノは男子学生服喫茶店。オーナー役の千晶センセは白ラン。さてどうなることやら。
    最終巻前のほとんど何も起こらない比較的呑気な巻。

    【感想】
    富樫クンでなくとも主人公とその周辺の連中の特別感ってちょっと鼻につくよねえ。同情してしまいますわ。ま、主人公やからね。

  • 面白い。

  • 文化祭がすごく楽しそうだった!
    千明先生の学ラン姿が絵とかであったら良いなっと思ったけど、無くても想像してかなり楽しめました(笑)
    年越しのお話もお気に入りです。

  • 3年の2学期。文化祭。出し物は学生服喫茶で千晶は白学ラン。面白くない。そんな中クラスの中で嫌がらせが。でも、犯人もわかっていて千晶が説教話をして改心して終了。できすぎ。

  • 今回の問題児君は立ち直ったから評価4!
    学生なんだもん。迷って立ち止まって道それても全然戻れるって。

  • 苦労したことの無い人はいない、その事実がとても深く残りました。
    また、弱音も吐かずに一生懸命頑張っていればその苦労を分かってくれる人に必ず出会えるはずだと素直に思う事が出来ました。

  • 6〜8巻すっ飛ばして9巻。なんかだいぶシリアスな雰囲気になって来ている…。しかも終わり方が凄く気になる!長谷くんどうなっちゃうの?2011/115

全79件中 1 - 10件を表示

香月日輪の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

妖怪アパートの幽雅な日常(9) (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に登録しているひと

ツイートする