天才女医、アンが行く (YA! ENTERTAINMENT)

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062694254

作品紹介・あらすじ

私の名前は水野ひとみ。美土里野町の小さな診療所で働く准看護師だ。正看護師を目指し、学校と職場を行き来する忙しい毎日を送っている。授業中、目のはしに急に赤いモノが飛び込んできた。何と隣の席に診療所の院長、真っ赤なカーリーヘアのアン先生が頬杖をついてあくびをしていた…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★★★★☆
    型破りのお医者さん・アンの僻地お医者さん物語。
    ちょいと挫折中の看護士が、アンのむちゃに巻き込まれながらもたくましく成長していく様子が。
    3巻まで刊行。巻を追って面白くなります。
    アン先生がかっこいいんだ(^^)
    (まっきー)

  • 第3弾。
    アン先生のキャラにも慣れてきて面白くなってきた…と思ったら、終わり!?
    ちょっとショボン。
    そのうちフラッと帰って来るかしら。なんつって。

  • アン先生は、一番初めの子のときから、すでに彼の名前を呼んでいた。そして、その後も、検診を受ける子どもたち全員を、名前で呼び、声をかけていた。p.90
    シリーズ3作目、アン先生のとぼけたキャラと高度な医療技術のギャップ、ひねりのあるプロットとはっとさせられる謎解き、そして視点人物の悩みと成長の物語、文句なしにおもしろい。
    学校を描いた場面のディテールにリアリティがあり、感心させられる。著者の本業は特別支援学校の先生とのこと。なるほどね。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1963年生まれ。兵庫教育大学大学院修了。長崎県の特別支援学校勤務。『熱風』で、第四八回講談社児童文学新人賞佳作受賞。『ひみつ』(講談社)が第50回野間児童文芸賞最終候補作に選ばれる。『ふたり』(講談社)が全国読書感想文コンクール課題図書に、『幽霊魚』(講談社)が全国感想画コンクール課題図書に選ばれる。その他、『公平、いっぱつ逆転!』(偕成社)など。長崎県在住。

「2018年 『おなべの妖精一家2 ワロンカフェ、本日開店です!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天才女医、アンが行く (YA! ENTERTAINMENT)のその他の作品

福田隆浩の作品

ツイートする