妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (YA! ENTERTAINMENT)

著者 : 香月日輪
  • 講談社 (2013年8月9日発売)
3.90
  • (55)
  • (65)
  • (52)
  • (9)
  • (1)
  • 本棚登録 :545
  • レビュー :56
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062694735

作品紹介・あらすじ

おかげさまでYA!ENTERTAINMENT10周年!その記念企画として、あの大人気シリーズ『妖怪アパートの幽雅な日常』がスペシャル番外編として登場します。

「妖怪アパートの幽雅な日常」が完結してから4年。
妖アパファンから、是非読みたいリクエストが多かった
稲葉夕士の世界旅行。その過酷でファンタスティックな日々が、ここに明らかになります。

古本屋と一緒の世界旅行の途中で、ラスベガスに立ち寄った稲葉夕士。そこに住む、千晶先生の兄・恵のところにお世話になることになったのだが・・・。

妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (YA! ENTERTAINMENT)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 妖怪アパートシリーズは、これで終わり。面白かったです。
    ラスベガスでのエピソードはテンション高くてごちゃごちゃしてるな、と思いましたが、外伝の祭りと考えたら、おまけエピソードとしてはいいかなと思います。
    その後の妖怪アパートでのそれぞれの日々にはじーんとしました。特に、クリとシロの成仏は、良いことだと分かっていても切なくなります。
    その後、なっこが来てくれてよかった。あたし、ねこ、ネコ、というタイトルは、0655?とちょっと思いましたが。
    でも皆さんが寂しそうでもあり、そのなかで楽しみも見つけたり、これからも彼らの日々は続いていくのだろうな、と思わせる終わり方でした。良かった。

  • 久しぶり。
    やっぱりいいです。
    クリ〜。
    千明の印象が変わらない…。

  • 本当に一昔前の個人ホームページの名作、という感じ。
    良く言えば厨二心を刺激する素晴らしいエンターテインメント。しかしこれ好き!と大々的に主張するのは憚られる。こっそり読みたい。

  • 図書館より。
    やっぱり妖怪アパート、最高~!
    ベガス外伝も懐かしい人達に会えて嬉しかったし、後半にあった短編もその後がしっかり知れて嬉しかった。
    なっこちゃん、可愛いね~(*^_^*)
    早く文庫化しないかな。

  • 妖アパの外伝。
    続編というほどのものでもない、軽い後日談くらいのものです。

    10巻のラストに割とちゃんとそれぞれのその後のいきさつやら、数年後の姿を描いていてたので、特にそれ以上の目新しさはありませんでした。
    古本屋と世界旅行に旅立った夕士がラスベガスに立ち寄って千晶たちと束の間の再会話や、クリが去ったその後の話など、ファンサービス的なお話ばかりです。

    でも、久しぶりに読むと、そうだったと思いだして、熱く響いてくる言葉がずらり。
    垣間見える世界旅行のエピソードが面白い。

  • 本編を読んだこと前提の外伝だな、と。
    クリとシロのところでほろり。
    ゆうしくんももうアラサーか・・

  • 本編の振り返りが長かったけれど、久々に読むにはちょうどよかったのかも。それぞれの行く末を描いてくれたことで、きちんと収まるところに収まったという印象だけれど、作家が自分の余命をわかっていて、「間に合うように」書いたんじゃないかと勘繰りながら読んでしまった。ちなみに、作者はけっこうアレな人だったらしいが、個人的には作品が面白ければあまり関係ないと思っている。

  • 大好きなシリーズが本当の完結を迎えた気がしました。ラスベガスの話は実際に取材を行ったから、あんなに詳しくリアリティがあるものになるんだなと納得しました。また、香月さんのお話を読んでみたいです!

  • 20170217読了。
    シリーズ完結、これで良きかな、ですね。

  • いつもの安定感。もう続きは読めないんだな〜

全56件中 1 - 10件を表示

妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (YA! ENTERTAINMENT)のその他の作品

香月日輪の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に登録しているひと

ツイートする