YA! アンソロジー 秘密 (YA! ENTERTAINMENT)

  • 講談社
3.83
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062694964

作品紹介・あらすじ

いつも廊下ですれ違う名前を知らないあの子にだって、教室で明るく振る舞うあのクラスメイトにだって、秘密はあるのかもしれない--物語が交差するアンソロジー!『YA! アンソロジー卒業』『YA! アンソロジー告白』に続くYA!アンソロジー第3弾。区立四葉中学校を舞台に、「泣いちゃいそうだよ」シリーズの小林深雪と、講談社児童文学新人賞受賞作家たちが、秘密を抱えた少年少女を描きます。誰にも知られたくないと思う一方で、誰かに理解してほしいと願ってしまう秘密の正体とは?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「秘密」をテーマに児童書作家による5作収録。
    エアトモ
    中学二年になって親友が明るく別人になった。対してつまらない自分。架空の友達を作り上げ強がってしまった。クラスで大人びた存在の柊子さんと話をするようになり、互いの秘密を共有し仲良くなる――。読みやすい。

    秘密のタイムカプセル
    小川知基、殿村大、早坂ミキ。3人は早坂の転校に合わせ「今だから言える秘密」を書いた手紙を埋めた。10年待てずに数か月で早坂抜きにタイムカプセルを開封してしまう――。
    早坂の手紙の内容に感動した。お見通し。

    うちにはママがふたりいる
    タイトル通り。普通の家族とは――。ジェンダー論、もう少し踏み込んでいたら共感か反発か意見が出たと思う。

    咲き誇れ
    短歌を送り合い、心救われる少女。彼女が鎧を纏うその理由が少し衝撃的だった。小説の雰囲気がよかった。

    ホーリーアイ
    中二病男子。彼なりのやり方で不条理に立ち向かう。

  • 秘密をかかえながら一人でも頑張れるけど友達がいればもっと頑張れるね、という作品集。よかった。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

3月10日生まれ。魚座のA型。埼玉県出身。武蔵野美術大学卒業。青い鳥文庫、YA! ENTERTAINMENT(いずれも講談社)で人気の「泣いちゃいそうだよ」「作家になりたい!」「これが恋かな?」シリーズをはじめ、多くの著作があり、10代の読者の人気を集める。エッセー集『児童文学キッチン』、童話『白鳥の湖』のほか漫画原作も多数手がけ、『キッチンのお姫さま』(「なかよし」掲載)で、第30回講談社漫画賞を受賞。

「2018年 『泣いちゃいそうだよ 七つのおまじない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

YA! アンソロジー 秘密 (YA! ENTERTAINMENT)のその他の作品

小林深雪の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
柚木 麻子
恩田 陸
坂木 司
東野 圭吾
又吉 直樹
辻村 深月
辻村 深月
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする