ステーションの奥の奥 (ミステリーランド)

著者 :
  • 講談社
3.30
  • (6)
  • (17)
  • (48)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 136
感想 : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062705813

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ミステリーランド。
    東京駅の秘密の通路とかって言われるとワクワクしちゃいます。
    そういうワクワク感は児童向けとしてもいいかなと思うのですが、
    肝心のストーリーのあの展開に萎える人は多そう。

  • 展開が唐突に方向転換してびっくりした…
    「そんなんアリか?!」と思う反面、こういった展開は子供向けならではと思えば悪くない。
    大人向けばかり読んで頭が固くなったかもと、少し思ったりもする。
    世間に対して斜に構えた主人公の痛さに、コミュ障の癖に余計なことまでベラベラ話してしまう叔父さんの姿に、我が身を振り返って心がむずむずするのも一興………たぶん…。

  • 吸血鬼が深く関わったお話でした。東京駅が改装中のときのお話。ファンタジーが入り解決です。素敵だと思った言葉は吸血鬼だからこそ言える言葉。「やはり人間というものは寿命に限りがあるからこそ、やる気がでたり、巡り合ったかけがえのないひとを愛したりできる」です。

  • ミステリーかと思いきやミステリィの方でした。。。
    真面目にトリック考えるての超常現象だと、ちょっと突っ込みたくなる。
    ので、星ふたつ。

    ※だがしかしイケメンに限る ではないけれど
    確かにビジュアル映えはしない。。

    おじ、おば、甥、姪の関係は確かに親とは違う。
    未成年の時に良い関係性を気づくことが出来たら、きっと良い刺激になるだろうな。。。

  • 名探偵になるのが夢だというるみかちゃん、彼女の夢がどうなったかぜひ続きを読みたい。
    ホームズの役割を(強引に)引き受けるところがすごくキュート。

  • ミステリーランド
    トリックはともかく主人公をはじめとした登場人物全般がどうも好きになれず読み進めるたびにモヤモヤしてしまった…。

  • 小学6年生の少年が体験した事件を描いた作品です。
    序盤は、東京駅に関する蘊蓄がだらだらと続きますが、中盤以降から徐々にミステリーらしい雰囲気が漂い面白くなってきます。
    密室トリックは意外でしたが、反則と言われても仕方がない内容だったので不満でした。

  • 「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」と銘打たれたシリーズの1冊。夏休みの自由研究に「東京駅の秘密」をテーマにした陽太は叔父とともに東京駅へと行き、そこの閉ざされた通路の奥で首を切り落とされた他殺死体に出くわすのだった。
    かなり早い段階でもしかしてこういう方向の話なのかなと思っていたら、それを遥かに凌駕した展開が待っていました。ミステリとして読むと落胆するかも知れませんが、それを超えた面白い物語として成り立っています。このシリーズでは本はこんなに面白いんだよと物語の魅力を伝えてくれるものが多いのですが、ここでもそれが強調されています。子どもにとっては難しいかも知れない知識の羅列があり、それが物語に彩りを与えます。作中でも語られているように、判らない部分は調べればいい。それがより一層読書の面白さを広げてくれるのだから。
    また作中では東京駅が近代ビルに建て替えられる為取り壊されることになり、それが物語の核となっています。そこで東京駅の魅力が描かれるのですが、それがやはり素敵なんですね。実際には建設当時の姿を再現する形になりましたが、残ってよかったと思いますよ。

  • ミステリーランドシリーズ、講談社やるなぁ!って発刊の時には感動したのでしたが、いかんせん、お高いです。

  •  ミステリーランド。ようやく読み終えました。
     普通のミステリかと思いきや、やっぱり妙な設定を突っ込んできますね。ミステリーとしても楽しめましたが。以下空白ネタバレにつき反転処理。
     まさか本当に「吸血鬼がいる」という設定で走るとは思わなかったです。いや、なんとなくね夜之介叔父が怪しいなとは思ってたんですがね。『生きる屍の死』でもそうだけど、山口雅也はこういう妙な設定を取り入れるの上手いよね。っていうか夜之介叔父よりもむしろ「伴平が吸血鬼ハンター」だったってことに驚きました。そうくるか、と。
     意外に「吸血鬼」っていっぱいいるのね、ってのが感想。あとラストが凄い好き。切ない。有栖川並に切ない。良い話でした。
     抜粋。
     だが、その答えが、またしても、大人向けの心にもない嘘だったことは、言うまでもなかった。

    07.01.11

全45件中 1 - 10件を表示

山口雅也の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×