日米開戦の真実―パール・ハーバーの陰謀 (講談社プラスアルファ新書)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062720823

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハル・ノートの前後、日米、欧州、中国の内情にも触れながら、実態に迫ろうとする。

    最後通牒のハル・ノートも、日本側が出したとする宣戦布告も、どちらも宣戦布告の体をなしておらず、対話の余地が残されていた、というのは面白かった。
    確かに暗号はバレていたが、内容が戦線布告とは取れず、真珠湾よりフィリピンや仏印を重視していたアメリカの姿勢を考えると、事前に仕組まれていたというステレオタイプの意見が乱暴なのも納得した。

    著者が歴史家ではないので細かいところに推測を交えているので正確さには欠けるかもしれないが、読みやすく、ハル・ノートのみを取り扱った本が初めてだったのでよく理解できた。

  • 2003年2月7日

    装画/わたなべみつる
    デザイン/鈴木成一デザイン室

全2件中 1 - 2件を表示

新井喜美夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×