消えた街道・鉄道を歩く地図の旅 (講談社プラスアルファ新書)

著者 :
  • 講談社
3.14
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062721929

作品紹介・あらすじ

地形図片手に、道歩きそのものを楽しむ旅がある。歩くのは廃線の鉄道跡、山中の古道、変哲もない路地。旅行書には載らない、ちょっと冒険的で風情豊かな旅の案内。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    地形図片手に、道歩きそのものを楽しむ旅がある。
    歩くのは廃線の鉄道跡、山中の古道、変哲もない路地。
    旅行書には載らない、ちょっと冒険的で風情豊かな旅の案内。

    [ 目次 ]
    序章 旅行書にない「地図の旅」の歩き方
    第1章 急坂古道―ゆるゆる歩いて道の風情を堪能する
    第2章 廃線路―レールも枕木もない不思議な風景を歩く
    第3章 古代官道―町中に消えては現れる古代の幻を追う
    第4章 曲折の峠路―うねりくねる世界をとことん楽しむ
    第5章 旧街道―路傍の古仏・古跡に感嘆しつつ歴史の道を行く

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 「子供の時から、大勢の人といっせいに同じことをするのが、また他人にガイドされるのが、死ぬほどイヤだった」筆者が歩いた道の数々。廃線跡を歩く本はいくつかあるが、これは国道の廃道、古代官道、旧街道など、様々な道の楽しみ方を、筆者の歩いた記録で教えてくれる。軟らかい土の踏み心地、木々の緑、荒れ放題の舗装、ヤブこぎ・・・・冒険的で風情豊かな旅は、2002年、筆者75歳の記録であるところがまたすごい。星3つであるのは記録の部分の文章がややわかりにくいことから。

全2件中 1 - 2件を表示

堀淳一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

消えた街道・鉄道を歩く地図の旅 (講談社プラスアルファ新書)はこんな本です

ツイートする