LD・ADHDは病気なのか? (講談社+α新書)

著者 :
  • 講談社
3.14
  • (1)
  • (0)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062722025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小児のてんかんに関するプロフェッショナルという立場からのLD、ADHDに関する本。非常に参考になった。
    それだけでなく、社会に対する洞察がすばらしい。

  • 癲癇専門の小児医のLD・ADHD論なので、また少し違った角度(癲癇との関連)などから語られている。
    現今の医療体制、特に小児医師、や臨床医に対する地位や評価の低さ、またパラメディカル・スタッフなどの政府のバックアップの不徹底に対する著者の憤りが感じられる。
    LD・ADHDに対する治療法というよりも、その症状の内容、社会的な現状、有り様、どのよう制度、対応が求められるかなど、この障害に対して理解を求め、また深めることに焦点をおいている。

全3件中 1 - 3件を表示

LD・ADHDは病気なのか? (講談社+α新書)のその他の作品

金澤治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

LD・ADHDは病気なのか? (講談社+α新書)はこんな本です

ツイートする