女はどんな男を認めるのか―10歳からの男と女の基本 (講談社プラスアルファ新書)

著者 :
  • 講談社
2.78
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 23
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062722735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全力でおススメ

  • まえがきにあるように、勢古さんが、正面から「愛」を語った本。
    やっぱこのひとはどこまでもかっこいいわ。
    「好きな人ができたら、ただただその人を一生懸命に大切にしなさい」。
    この言葉ですべての恋愛指南書は終われるんじゃないか、と思わされる。
    あと、ときどき入る勢古さんの皮肉がおもしろすぎた。

  • 【目次】
     まえがき−−これは恋愛論ではない
    第一章 ひとは「人を愛すること」をどこで学ぶのか
     ひとを好きになったあと,どうするか/愛には仕事がない/自分の思いどおりにしたいという欲望/愛情の教育は可能か/性教育か性交教育か/少女コミックを読んではみたが/十歳からの男女学入門/性体験は蓄積しない
    第二章 現代ニッポンの恋愛
     女性誌の「恋愛特集」は役に立つのか/カッコいい男になったわ,ってバカヤロ/時代が脅迫する/ああ,もう暑苦しい「恋愛自由市場」/そもそも不要な「出会い」/自信満々の「負け犬」の遠吠え
    第三章 男で失敗する女
     だれのための恋愛マニュアル/ひと味違う「感情体験の結晶体」/「女は愛でバカになる」のか/男の本心はどこにあるか/結婚も人生も金次第か/性の自己決定権−−セクシュアル・ライツとはなにか/ほんとうに結婚難か,それともただ頭が悪いだけ?
    第四章 女はどんな男を認めるのか愛された者の傲慢/男は女で育つ/本物の男とはどういう男か/「誰かのためにひとりで歩もうとする男」/どこがサムライだ,牛丼男たちが/女が認める男はどんな男か
    第五章 かくも喜ばしく,かくも悲しき愛「いちばんやさしい人。大事な人」/愛だけが最後に残る/人が人を「捨てる」ことはできるのか/息子の恋愛,娘の恋愛/これは一途だが未熟な愛か/老夫婦の心中は「理想的」だ
    第六章 男は女のみにて生きるにあらず,か
     恋愛はやめたほうがいいか/仕事をとるのか愛をとるのか/ほんとうの愛はあるのか/二十四年間の純愛/こんな女/だれと生きるのか/最後に愛する人の名前を呼ぶ
     あとがき−−たかが愛のまま

  • 面白いかな、と思って読んでみたが期待はずれの感。様々な「恋愛哲学」や性教育のの書物を引用しながら書かれているが、文が散漫で退屈だった。同じスタンスの本なら岩月健司氏の本が楽しい。

  • 再読。こんな男が世間から、女から評価されることを切に願う。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1947年大分県生まれ。明治大学政治経済学部卒業。洋書輸入会社に34年間勤務ののち、2006年末に退職。1988年、第7回毎日21世紀賞受賞。『定年後のリアル』『定年後7年目のリアル』『さらなる定年後のリアル』『定年後に読みたい文庫100冊』(いずれも草思社文庫)と続いた人気の「定年後シリーズ」がついに「古希」の世界に突入。最新刊に『定年バカ』(SBクリエイティブ)、『60歳からの「しばられない」生き方』(KKベストセラーズ)。他に『ひとりぼっちの辞典』(清流出版)、『ウソつきの国』(ミシマ社)、『結論で読む人生論』『結論で読む幸福論』(いずれも草思社文庫)などがある。

「2018年 『文庫 古希のリアル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

勢古浩爾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする