血圧革命 (講談社+α新書)

著者 : 高沢謙二
  • 講談社 (2005年7月21日発売)
2.25
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062723268

血圧革命 (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1952年生まれ、高沢謙二 著「血圧革命」、2005.7発行です。著者は、上の血圧140以下(理想は120以下)論者、降圧薬論者、トクホ推奨者で、私の生き方とは異なる先生すが、勇気を出してw、読みました(^-^) これからの血圧管理は、上と下の血圧に加え、平均血圧、脈圧、善玉血圧、悪玉血圧の管理が必要とのことです。平均血圧は下の血圧+(上の血圧ー下の血圧)を3で割った数値で、これが低いのがいいと。脈圧は上の血圧-下の血圧で概ね50が目安、大きくしないことがいいとのことです。善玉、悪玉は難しかったです。

  • なんかなぁ(苦笑)

全2件中 1 - 2件を表示

血圧革命 (講談社+α新書)のその他の作品

1-B00FEBDHZKの詳細を見る Kindle版 1-B00FEBDHZK 高沢謙二

高沢謙二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする