スローセックス実践入門――真実の愛を育むために (講談社+α新書)

著者 :
  • 講談社
3.42
  • (23)
  • (41)
  • (81)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 407
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062724012

作品紹介・あらすじ

女性を傷つけるジャンクセックスとは永遠に決別。画期的アダム性理論によって心も身体も癒され、至福と悦びに満ちた最高の人生を過ごせます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幼稚園レベルのジャンクセックスを脱し、ゆったりと互いの気を巡らせ癒し合おう。

    ミソジニーもなくお互いがハッピー。皆がハッピーな社会、どれだけ良くなることでしょう。

  • 格言が本書にはめいいっぱいちりばめられている。

    たとえば、ペニス至上主義は女性を不幸にする。
           最初から最後まで超ソフトに・・・
           Tスポット

    など。
    実践あるのみ!!笑

  • スローセックスについて知りたくて読書。

    男性である著者が書いた男性のセックスへの思い込みや価値観を叩き壊す本。男は、1度読んでおく価値がある本かも。

    現代のセックスを著者はジャンクセックスと呼ぶ。確かに商売目的の性があふれているため、情報ばかりで正しい知識は乏しいのは否定できない。

    大人の性教育ではないが、もっと真剣に学ぶ必要があるのかもしれない。さらに知りたくなる魅力を感じる。

    意図的かも知れないが、早漏については触れられているが、世の中を広く見渡すと早漏よりもED系、勃起不全で悩んでいる男のほうが多いのではないだろうか。

    著者の論理でEDが解消や緩和できるのであればもっと多くの人が学ぶと思う。

    読書時間:約1時間

  • 【読み易さ】
     やや易しい
    【気付き】
     ★★★★・
    【ハマり】
     ★★★★・
    【共感度】
     ★★★★・

    セックスという行為の認識違いや、知識不足から、
    AVの真似事のような動きが激しいだけのセックスや、
    男が射精する事を目的としたオナニーのような"ジャンクセックス"が
    蔓延している世の中に警鐘を鳴らす。
    セックスは男女の気(性エネルギー)を交流させる行為である。

    刺激は柔らかく、振動させる

    女性への愛撫の仕方が書かれていて勉強になった。
    気などのヨガの要素が取り入れられているのも面白かった。

  • ・リラックスを旨とする事。
    ・イクこと、イカせる事の放棄が深いオーガズムに繋がる。
    ・アダムタッチがくすぐったい時は(パームタッチに)切り替えていく。

    インドの性経典『カーマスートラ』では、座位のことを正常位と呼び174

    正しい愛撫法は、”最初から最後まで超ソフトに”34

    女性をイカすコツ。それは、無理に女性をイカせようとしないことです。そして、あなた自身が「イった」とか「イカなかった」ことにこだわらないこと。63

  • 男性は一読の価値あり。

  • 男なら絶対読むべし。これ以上の言葉はいらない。

  • 一言だけ。

    効果を実感しまくりです(笑)

  • 提供本。完全ネタで読んでいますが…
    乱暴なそれは本当にやめていただきたいものです。
    実際に死にそうな思いをしますし。
    おかげさまで大嫌いです。
    それに関しては。

    だけれども少しだけ向き合うことはできそうです。
    ただしメイン行為は嫌いですので
    してもらいたいとは思いませんが…

    まあ実践よりも
    男性方はこう思っているんだ、
    ということをわかってもらいたいです。

  • 男性ならば無条件で読むべき一冊
    世に溢れた間違いだらけのマニュアル情報に毒されているジャンクセックスの中でこれを実践出来れば少なくともセックスにおいて相手を愛すると言うことが何なのか理解できるでしょう。
    4章から具体的なテクニックについて進みますが1~3章までの前置きを飛ばして読むような男性には伝えたい本質はわからないと思いますので
    じっくりと始めからページを飛ばさずに読んで学んで行くべきでしょう。

全58件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(株)エヴァコミュニケーションズ代表。名古屋芸術大学を卒業後、画家をめざして渡米。イラストレーターとして活躍する。33歳のとき、自らの人生を大きく変革させる霊体験をしたことから、人間の真の幸福の探求をはじめる。幸せの根源は「男女bの愛」にあると確信し、その重要な要素であるセックスに関心を持ち研究を重ねる。帰国後、14年の歳月と1000人以上の女性との実践的フィールドワークを経て、最高の性の喜びをもたらすアダム性理論とメソッドを確立。これを”スローセックス”と命名する。以後、男女・夫婦の円滑なコミュニケーションをサポートすべく、啓蒙に従事。日本中の男女に多大な影響を与えている。

「2018年 『スローセックス 彼をその気にさせるテクニック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スローセックス実践入門――真実の愛を育むために (講談社+α新書)のその他の作品

アダム徳永の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
渡辺 淳一
有効な右矢印 無効な右矢印

スローセックス実践入門――真実の愛を育むために (講談社+α新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする