LD(学習障害)とディスレクシア(読み書き障害)-子供たちの「学び」と「個性」- (講談社+α新書)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (2)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :54
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062724128

作品紹介・あらすじ

LD支援は子どもへの理解と愛情から始まる。読み書きができなくても伸ばせる個性がある!日本でも60万人以上という、LD等の子どもたちの理解に必須の知識を第一人者が解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み書きができなくても伸ばせる個性がある!
    LD支援は子どもへの理解と愛情から始まる
    日本でも60万人以上という、LD等の子どもたちの理解に必須の知識を第一人者が解説!

    かつて、LDという概念を皆さんにわかってもらおうと努力していた頃、「LDという新しい障害を、あなたはなぜ持ち込もうとするのか」と聞かれたことがある。この問いを何度も自分に向けた結果、たどり着いた答えが「障害は理解と支援を必要とする個性」である。この言葉は「障害もまた個性なり」を下敷きにしている。なんとふところの深い、人間味あふれる考え方だろうか。そうした個性的な状態とのつきあい方をしっかり心得ているなら、この考え方、言い方は正しい。しかし、私たちはまだそれほど賢くはない。LDやディスレクシアという言葉があって、ようやくその状態を理解しはじめるのである。LDとディスレクシア、それらの言葉を通して、彼らの本質を知り、そして、言葉の背景にある人間の素晴らしさを皆さんと共有したい。

    ●なぜ読み書きができないのか
    ●教室の中のディスレクシア
    ●ディスレクシアの背景にあるもの
    ●ディスレクシアの成功の鍵とは
    ●理解する人、支える人がいる
    ●障害が個性となるために
    ●教育用語から日常用語へ
    ●今後のLD・ディスレクシア教育
    ●わが国の特別支援教育の動向
    ●学力を後回しにしてはいけない

  • なぜ読み書きができないのか。LDとディスレクシアについて解説したうえで、その特徴、教育の変遷を述べた一冊。図解も多用され、偉人の例などもあるため、初心者にもわかりやいように感じた。

  • 読書レポート:LD(学習障害)とディスレクシア(読み書き障害)-子供たちの「学び」と「個性」- (講談社+α新書) 上野一彦 著 | デジたろうとピアノ http://digitaropiano.luna.ddns.vc/digitaropiano/?p=4697

  • 今後の展望まで含めた、LDに関する幅広い視野が得られる。
    6年前の本だが今読んでも非常に勉強になる。

  • ディスレクシアについてよく書かれている。
    分かりやすかった。

全5件中 1 - 5件を表示

LD(学習障害)とディスレクシア(読み書き障害)-子供たちの「学び」と「個性」- (講談社+α新書)のその他の作品

上野一彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

LD(学習障害)とディスレクシア(読み書き障害)-子供たちの「学び」と「個性」- (講談社+α新書)はこんな本です

LD(学習障害)とディスレクシア(読み書き障害)-子供たちの「学び」と「個性」- (講談社+α新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする