古戦場 敗者の道を歩く (講談社+α新書)

  • 18人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 下川裕治
  • 講談社 (2007年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062724340

古戦場 敗者の道を歩く (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  源平時代、戦国時代、幕末、を中心とした歴史遺跡を「敗者」の視点で案内する、ガイドブックと呼ぶには内容の濃い、一冊。
     出張先で早起きし、この本とともに歴史を辿り、帰りに書店で関連する未読の歴史小説を買って移動中に読む、と、使ってます。一番印象に残っているのは、小田原の石垣一夜城。早朝、小田原駅からジョギングで登ってきました。頂上から小田原城を眺めると、秀吉が北条にプレッシャーをかけ悦に入る気持ちを味わえます。
     このときは山岡荘八の「徳川家康」28巻を読み終えた直後だったので、帰り道は、司馬遼太郎「覇王の家」。
     

  • やはり人は敗者に心を寄せたくなるものか、、、。最初いまはやりのありきたりHOU TO 本かな、と思っていましたが、やはり現地に赴いていくと、見えてくるものがありますね。実際その場へいきたくなりました。

  • 2009.1.10読了

全3件中 1 - 3件を表示

下川裕治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
和田 竜
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする