妻を愛する技術 ――スローセックスから日常の会話まで (講談社+α新書)

著者 : アダム徳永
  • 講談社 (2008年1月24日発売)
3.64
  • (5)
  • (8)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • 76人登録
  • 16レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062724784

妻を愛する技術 ――スローセックスから日常の会話まで (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016/10/01

  • 今まで知らなかった!あなたの世界観が大きく変わる真実の愛と性!!

    「夫婦で歩む人生」「男としての幸せ」とは何か?
    超ベストセラー『スローセックス実践入門』の著者が世の男性に問う!

    ●妻の愛し方を知らない夫
    ●幸せな夫婦生活が築けない理由
    ●夫婦の絆を強くする根源
    ●危険な“友達夫婦”
    ●従順な妻が鬼嫁になる原因
    ●愛の法則の基礎知識
    ●愛は細胞分裂を繰り返す
    ●妻の心に届く“愛の言葉”
    ●妻の本音を聞き出す裏技
    ●夫の株を上げる方法

  • 愛の本質を喝破した愛についてのバイブル。
    当たり前のことをやるために大切なことは何かがわかる。

  • 1:二人でいて大切なのは特別な行動でなく、特別に思う気持
    夫婦はワクワクドキドキから安定した暖かなエネルギーに変質していく。安定しているからこそ夫婦は苦楽を共有して一緒に歩んでいける。

    2:甘え上手になる
    自分が妻よりも絶対的強者の立場に立っていなければ許せないという歪んだプライドに基づく甘え下手はNG。自分の奥さんに虚勢を張ることはやめましょう。
    甘え上手の天才、赤ちゃんは何も楽しいことをしていなくても笑う。これは、笑うとかわいがってもらうことを本能的に知っているから。笑いましょう。

    3:目の前にフェラーリの新車がある。車好きでなくとも男性なら触ってみたいと思うだろう。それはあなたがその車の価値を知っているからだ。そして、触るときは間違っても傷つけないようにそっと触る。なのに、もっと尊く比べることのできない妻に対して、フェラーリですらしている丁寧さで接さないのか。多くの夫が、妻がいかに夫にとって大切な存在であるかを価値観を忘れてしまっている。妻に触れ、妻を大切に扱い、妻の価値を上げることができるのは他の誰でもなく夫しかいない。

    4:「もしも話」をする
    もしも話は会話のきっかけづくりの手段に適している。単なる娯楽的な楽しみも共有できる。TVで携帯をチェックする彼氏に悩んでいる女性が出てきたら、「もしも、俺が勝手に携帯電話をチェックしていたらどうする?」とか料理番組を見て「もし、今度作るならこっちとこっちどっちがいい?」など話してみる。

  • いっしょにお風呂に入りましょう。
    手をつなぎましょうなど自分たちが実践している内容が多かったのですが、うんうんとうなづける内容が多く、うまくいってない夫婦には大変お勧めな本です。

  • テクニカルなことはほとんど書いておらず、
    あくまでも思考方法について論じている。

    とはいえ、とても大事なことが書いてあり、
    それは男女関係のみならず、一般的な人間関係に通じることだと思う。

    自分が変われば、相手も変わるというのはその通りかもしれない。

  • 自分なりに愛の定義は持っているが、他の人はどのように愛をとらえているのか知りたくて購入。第1章~3章までの内容に関しては同意する部分や学ぶべき点があった。愛する人を幸せにするには、愛の法則に逆らうなかれ。

  • 妻(人)を愛し続ける努力が必要。

  • [ 内容 ]
    「夫婦で歩む人生」「男としての幸せ」とは何か?
    超ベストセラー『スローセックス実践入門』の著者が世の男性に問う。

    [ 目次 ]
    第1章 すべては妻を愛することから始まる(妻の愛し方を知らない夫 セックス以前に問題があった ほか)
    第2章 妻を愛する法則(愛の法則の基礎知識 愛は細胞分裂を繰り返す ほか)
    第3章 妻を愛する日常(「パパ、ママ」と呼び合う落とし穴 カッコイイ男であり続けよう ほか)
    第4章 セックスでしか伝えられない愛がある(ジャンクセックスの罪 セックスレスにならないために ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • こんな風に愛されたら・・・女性として最高の幸せですね。

全16件中 1 - 10件を表示

妻を愛する技術 ――スローセックスから日常の会話まで (講談社+α新書)のその他の作品

アダム徳永の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
デール カーネギ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

妻を愛する技術 ――スローセックスから日常の会話まで (講談社+α新書)はこんな本です

ツイートする