老化も進化 (講談社+α新書)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062725859

作品紹介・あらすじ

「赤秋」を迎えた老役者の「孤独を楽しむ生き方」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仲代さんの本では、以前に若手映画評論家によるインタビューを読んでいて、結構そことかぶるんですが、思いの丈を述べる、ってスタイルも同じですしね。ちょいと違うのは序盤の妻亡きあとの喪失感についてです。よほど持ちつ持たれつの関係だったのか、というかお互いを尊敬しあっていたんだなあと、こうした男女の関係を築ける夫婦はいったいいくらいることか、魅力的な人どおしが惹かれ合うというのは、めでたいことだなと。本の構成としては、一気に読めるけどでもなあというところはあります。役者でやっていけるのは何万人に一人!おそろし。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 俳優、仲代達矢さんのエッセー。
    無名塾を共に作ってきた愛妻の恭子さんを亡くして13年。

    パートナーを亡くした悲しみが癒えることはないけれど、
    彼女の遺言である、無名塾を続けること、俳優でいることを
    守り続け、そこには日々新たな発見もあると記す。

    今は赤秋、老いも人間にとって一つの進化、その深く透徹した境地を味わい
    誇り高く時間を重ねる。精神の自由を失わず人間らしく生きることの回復に想いをこめて・・


    老いは天然の厳粛なる変化なのだ。

    冬の前に真っ赤に燃える秋を真っ赤に生きたい。


    人生に真摯に立ち向かうひとりの俳優の姿、
    ステキです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1932(昭和7)年、東京生まれ。52年、俳優座付属俳優養成所入所。映画「人間の條件」「切腹」など多くの作品に出演。75年から俳優を養成する「無名塾」を亡き妻・宮崎恭子(女優、脚本家、演出家)と主宰。2007年、文化功労者。15年、文化勲章受章。16年、米映画芸術科学アカデミー会員。

「2018年 『からだひとつ ここまで来たからもう一歩』 で使われていた紹介文から引用しています。」

老化も進化 (講談社+α新書)のその他の作品

仲代達矢の作品

老化も進化 (講談社+α新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする