めざめよ男力! 鍵は肉体改造にあり (講談社+α新書)

著者 :
  • 講談社
2.91
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 40
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062726009

作品紹介・あらすじ

そんなにがんばらなくても身体は変わる!日本人には日本人の身体の鍛え方がある。欧米人と同じトレーニングではいつまでたっても身体は変わらない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日体大では陸上・短距離選手、今はコンディショニングトレーナーの有吉与志恵さん「めざめよ男力!」、2009.8発行です。身体はあなたの通知表、筋肉は人生の履歴書とか。イチロー選手の生き方、身体への処し方に賛辞を送ってらっしゃいます。トレーナーとして生きている間に一度イチロー選手の筋肉に触れてみたいそうです。叶うといいですね(^-^) さて、コンディショニングとは「整える」「骨格(関節)を整える」「筋肉の反応を呼び覚ます」「頑張らないトレーニング」などと言われているそうですが、まだ概念についていけないですw。

  • 頑張らないトレーニング、身体を整えるコンディショニングに関する本。

    硬くて無駄についている筋肉よりも餅みたいに柔らかくて使える筋肉をつけたいと思った。

    筋肉のつけ方にはバランスが重要で現代人があまり鍛えていない裏側も鍛えることで、筋肉が正しい位置にセットされる、という点も勉強になった。

    図解付きのメニューが豊富。特に後半。

  • そんなにがんばらなくても身体は変わる!日本人には日本人の身体の鍛え方がある。欧米人と同じトレーニングではいつまでたっても身体は変わらない。
    著者について
    ありよし・よしえ
    日本体育大学を卒業と同時に、陸上・短距離選手の現役生活を終える。1994年に株式会社ハースコーポレーションを設立。高齢者から現役アスリートまで、幅広くセルフコンディショニング指導を行うほか、学校や企業向けの講演・講習会に奔走。2005年に和風フィットネス「健屋」を、2007年に「CLEVA」をオープン。2009年には特定非営利活動法人「日本体調改善運動普及協会」を設立。コンディショニングトレーナー養成スクールで指導者育成も。モットーは「心ある健康づくり」。 著書には『アスリートのためのコアトレ』(ベースボール・マガジン社)、『40歳からの肉体改造』(ちくま新書)などがある。

  • 健康のために体を鍛えようと思うと、どうしても一足飛びに
    筋トレやジョギングだ!と力んで三日坊主になっていました。

    本書は、鍛える前に体の状態を整える「コンディショニング」を
    しようという観点でいろいろなワークが紹介されています。

    たしかに言われてみると
    体をリセット(本来の状態に戻す)せずに、
    筋トレしたり、トレーニングしてもゆがんだり固まったりしていると
    どんどんつらくなっていきますもんね。

    ひとつひとつが自宅で簡単にできるシンプルなものがかなりの数
    紹介されていますので、
    できるものから少しずつ生活に取り入れてやっていこうと思います。

    同著者のDVDやひとつのテーマにフォーカスして書かれた
    書籍もあるので、そちらも購入して
    体の面もバランスよくしていこうと思います。

  • 読み終わったけど、まだ実践していない。
    もう一度借りてきて実践してみよう。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

有吉 与志恵(ありよし・よしえ)コンディショニングトレーナー、有吉与志恵メソッド開発者、一般社団法人日本コンディショニング協会(NCA)会長、株式会社ハースコーポレーション最高技術責任者(CTO)。健康的な肉体つくりのプロとして40年のキャリア。昨日解剖学、運動生理学、脳科学を応用した「筋肉を鍛える前に整える、コンディショニングメソッド」を確立。陸上、テニス、新体操、クライミングをはじめとする日本代表アスリートやジュニア、政治家、経営者、タレントなど延べ2万人以上のトレーニング、美容、健康つくりを指導してきた。著書に「アスリートのためのコアトレ」「表現スポーツのコンディショニング」(以上、ベースボール・マガジン社)、「40歳からの肉体改造」(筑摩書房)、「コンディショニングスタートブック」(学研プラス)などがある。

「2022年 『スポーツクライミングのコンディショニング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有吉与志恵の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×