名字でわかる 日本人の履歴書 なぜ東日本は「佐藤」「鈴木」が、西日本は「田中」「山本」が席巻したのか (講談社+α新書)

著者 : 森岡浩
  • 講談社 (2011年3月23日発売)
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062727051

作品紹介

東西で異なる名字分布の理由とは?日本人全体の足跡が、十数万の名字追跡から蘇る。

名字でわかる 日本人の履歴書 なぜ東日本は「佐藤」「鈴木」が、西日本は「田中」「山本」が席巻したのか (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なぜ西村は多いのに、東村は少ないのか
    西日本の名字はなぜ画数が少ないのか?
    東西で異なる名字分布の理由とは? 日本人全体の足跡が、十数万の名字追跡から蘇る!

    名字の分布から得られるものは、単にその名字のルーツだけにはとどまらない。日本人の営みにかかわるあらゆるものが、その中に凝縮されているといえる。つまり、名字の解明とは、日本人の歴史そのものの解明に他ならないのだ。
    どの名字も歴史を伝えるメッセージを秘めている。そして、それらをつなぎ合わせていくことで、自分の名字の解明から始まって、様々な名字の歴史的発展や「繁栄」を知ることができる。そしてそこにあらわれた文化や人々の営み、集団生活のなかで命名にかかわる「意識」を汲み取ることができる。こうしたものの集大成で、日本人全体の履歴書ができあがってくるのだ。現代の私たちは、こうした名字に秘められた先祖の声を聞きとげていきたいと思う。

    ●名字のルーツを分布から探る
    ●名字分布が一族の歴史を示す
    ●分布の偏りに潜む名字の由来
    ●内田は多いが外田は少ない理由
    ●領主から見て西か北に住んだ名残
    ●関ヶ原が奇しくも東西名字の境目
    ●東海地方は独特名字が少ない
    ●斎藤は東に、斉藤は西に多い
    ●東は東(あずま)で、西は東(ひがし)?
    ●名字から日本人の歴史を解明する

  • 名字と本来の姓の違い、同じ名字でも一つの同じ起源とは限らない、地域・県によって名字のランキングにはかなり特色がある…などなど面白く読めた。

  • 苗字のランキングは地域によって全然違う。という全然知らなかった事実を紹介され、苗字分布の面白さに引きまれていく。

  • どれだけアテになるのかは分かりませんが^^;ちょいと物知り情報的に手元の本棚に置いてたまに読み返してます。

  • 名字調査の新しい発見があった。我が家の家系調査再開を決意。

全5件中 1 - 5件を表示

森岡浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パオロ・マッツァ...
有効な右矢印 無効な右矢印

名字でわかる 日本人の履歴書 なぜ東日本は「佐藤」「鈴木」が、西日本は「田中」「山本」が席巻したのか (講談社+α新書)はこんな本です

ツイートする