ジェームズ・ボンド 「本物の男」25の金言 (講談社+α新書)

  • 35人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (6)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 田窪寿保
  • 講談社 (2012年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062727761

ジェームズ・ボンド 「本物の男」25の金言 (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者には仕事を通じて何度かお会いしたことがあるが、ここに出てくるようなブリテッシュな紳士であることは確か。前著もそうであったが、ほんとにジェームスボンドが好きでイギリスが好きなことがよくわかる。私も仕事で何度もロンドンには行っていて、好きな街であり、好きな人も多いが、まさにこの本にあるようなイギリス人の特質を持っている。(たまにそれが故にうまくいかないこともあるのだが)。軽く読めるので、ボンドファンのみならず、イギリス人の本質を知りたい人にもお勧め。

  • 007は昔の64のゲームしか碌にしてなくて、なおかつ最近まで「ゼロゼロ」と読んでたくらいのボンド音痴だけど、この本のお陰で急にボンドファンになった。上質な身のこなしを仕事として体現できるとこが魅力。

  • 趣旨であるはずの007(ジェームズ•ボンド)に関する話で琴線に触れるものはあまりなかった。
    それよりも、イギリスの文化や歴史、それと筆者が新卒で入社したヴァージン•アトランティック航空で、ヴァージングループ会長のリチャード•ブランソンの鞄持ちをしていた当時の彼にまつわるエピソードのほうが幾分興味深く、学ぶことも多かったように思う。

  • 皆様ご存知のジェームズ・ボンドの名台詞を集め、紹介している本です。

    シリーズの中から名台詞を選び、筆者の体験と結びつけて色々語ってくれます。

    筆者がビジネスを行うにあたってどのように考え、行動したのか。筆者の経験とボンドの考えとを結びつけています。筆者はイギリスで仕事をしているということもあって(もちろんボンドの大ファンでもありますが)、イギリスの文化・慣習などにも言及して様々な指摘を行っています。


    個人的には、「自信は能力を2倍にする」とのことわざが気に入りました。これから使おう笑



    蛇足ですが、「ウォッカマティーニ、シェイクン・ノット・スティアード」って台詞は、人生で一回くらいは使ってみたいですね笑

  • ジェームズ・ボンドのセリフをもとにビジネスや男性・紳士についてのエッセイを書いています。
    そもそもフィクション、偶像を対象にしてそこからリアルな人生論を語られてもねぇ。もてて当たり前ですよ、主役なんだもん。
    ボンド好きのための本だと思います。
    でも、イギリス文化…階級社会、パブ、飯がまずいとか、男同士で飯に行かない。パブに行ってもそこそこで帰り、家飯する。幼稚園に入るためにもレジストする。など文化面での表現が興味深い点が少々ありました。

  • グローブ・トロッターの宣伝なのか、ヴァージンのブランソンへのリスペクトなのか。007臭が薄い(しかも自慢話)ので、ちっとも面白くない。

全6件中 1 - 6件を表示

ジェームズ・ボンド 「本物の男」25の金言 (講談社+α新書)のその他の作品

田窪寿保の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする