嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 (講談社+α新書)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (15)
  • (33)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 228
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062729130

作品紹介・あらすじ

産科医にしてジャズピアニストという異色のキャラクターを主人公に、妊娠・出産をテーマにしながら、男性漫画誌で大人気を博す連載「コウノドリ」。実は、この主人公には大阪の周産期医療センターに実在のモデルがいた! 本書はそのモデルとなった産科医自らが語り下ろした、ダンナのための妊婦とのつき合い方のバイブルです。嫁ハンのことはいたわってやりたいとは思っていても、仕事が忙しい、そもそもつわりのことも予定日のなんたるかも、妊娠・出産のリスクもほとんどわかっていない、そんなダンナさんのために、豊富な臨床経験から数多くの赤ちゃんとその両親に接してきた著者が、時に絶妙な関西弁も交えつつ、やさしく、厳しく教えます。
本書の刊行と時期を一にして、TBS系列全国ネットでは、原作漫画「コウノドリ」が、綾野剛主演、星野源、吉田羊、大森南朋など豪華キャストで連続ドラマ化。読めば目からうろこが落ちるほどに役に立ち、原作漫画やドラマもますます楽しめる一冊です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 出産に至るまでのリスクや旦那として役割が
    話し口調で書いてあるので、とても読みやすい。

    知らないことばかりの情報がいっぱいだし
    テレビや友人からは受動的に獲得しにくい
    役立つ情報がたくさんつまってるので
    後輩パパにも教えたくなる本でした。

    ◯気になったワード
    ・安定期なんてない
    ・マタ旅はやめた方が良い
    ・妊婦の免疫力はメッチャよわよわ
    ・流産は15%もある
    ・赤さんは体温調節能力が低い

  • 旦那は側にいて、一番の理解者であることが大事。なにかをしようとか何かになろうとか考え過ぎず、気楽にいこうと思わせてくれる本。

  • ダンナさんが自らこの本を買って読んでくれていたことに感動。

    全部積極的にやってくれるし、全然不安なし。

    あえていうなら、インフルエンザのワクチンだけをお願いしたいところ!

  • 生後1ヶ月〜2ヶ月は、意味もなく泣くためし泣きがあるから、そのときは泣き止まそうと考えずに、赤ちゃんの泣きにそっと付き合おう。

  • コウノドリのモデルとなった周産期医の著者。妊娠とはどのようなものか、どのようなリスクがあり、女性の体内ではどのようなことが起こっているかを、わかりやすい言葉で綴っている。
    妊娠中の女性からしたら、割と当たり前のことでも、ダンナさんには知らないことが多いと思うので、夫婦で読むのはいいと思う。まぁ、このような新書に手を出すダンナさんは、そもそも育児などにも積極的な方なんだと思いますが…

  • ダンナのための妊娠出産読本
    萩田和秀

    ビタミンB群が不足すると妊婦さんがウェルニッケ脳症を起こす可能性がある

    おなかの中で高血糖状態にさらされることが多いと、その後で急激に血糖値が下がる低血糖の発作を起こしやすくなる。

    ビタミンAは禁忌(レチノイド)
    臓器に奇形を生じさせる

    出血による母体死亡は53%は有床診療所

    慢性的エコノミークラス症候群
    循環血漿量が通常の1.5倍
    慢性的な貧血になる
    血液が非常に固まりやすい

    陣痛は、睾丸を二分間に一回蹴り上げられる痛み

    妊娠を機に発症する合併症
    妊娠高血圧症候群
    妊娠糖尿病

    妊娠は子供と出会う命がけの旅

    赤ちゃんは実は低温に弱い

    育児行動はメスに比べるとオスは不向き
    オキシトシンが少ない。育児行動をとる分泌物

  • 産婦人科医及び夫の視点から出産について非常に噛み砕いた話し方で描かれている。全体的にとてもわかりやすく読みやすい。いろいろ突っ込んだ話をしている部分もあり、内容もあって気軽に読めると言う意味でとても評価している。出産から産後まで一応簡単にカバーしており、家族が妊娠出産を控えている場合は読むととても良いと思う。

  • 本質的な指摘。それでいて人肌。
    男女問わず参考になる。

  • 医者の視点、というのが良かった

  • これを書いたお医者さんはマンガ、コウノドリのモデルの先生らしい!

    お医者さんの視点で、かつフランクに書かれていて読みやすかった。とてもいい本!

    早産は妊娠後期で8%らしい…どうなることやら。

    生まれたら「首」と「温度」に気をつけなきゃいけない。しっかりと頭や首を支えて抱くこと、低温にしないことが大事。

    あと1ヶ月から2ヶ月は「試し泣き」っていうわけもなくなく状態があるみたい。そういうもんだと思って期間限定乗り切ろう!

    旦那に読ませたらとても役に立ったようで、これからパパになる友人に勧めていました(笑)立ち会い出産のリアルはかなり衝撃だった様子。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年、大阪府生まれ。香川医科大学卒業。大阪警察病院、大阪府立母子保健総合医療センター等を経て、大阪大学医学部博士課程修了。現在は大阪府泉佐野市のりんくう総合医療センター泉州広域母子医療センター長を務める。産科医にしてジャズピアニストという異色のキャラクターが人気を博す「週刊モーニング」の連載漫画でドラマ化もされている「コウノドリ」の主人公・鴻鳥サクラのモデルとなった医師である。

「2017年 『妊娠出産ホンマの話 嫁ハンの体とダンナの心得』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荻田和秀の作品

嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 (講談社+α新書)に関連する談話室の質問

嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 (講談社+α新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする