会社という病 (講談社+α新書)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (11)
  • (21)
  • (17)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 182
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062729192

作品紹介・あらすじ

生き苦しいのは会社のせいだ!

●人事・・・そんなに偉いか東大卒
●出世・・・昇進イコール幸せとは限らない
●派閥・・・持病と思って付き合おう
●上司・・・バカ上司とは大声で戦え
●左遷・・・人事に左遷なし
●会議・・・会議の9割はムダである
●残業・・・上司の無能のバロメーター
●定年・・・経営者にこそ厳格な定年を
●根回し・・・不毛なようで意外な利点
●社長・・・会社の生死を決めるヒト

ほか

会社に残る制度や慣習、風土にルール。
人生の諸悪の根源をまとめて一刀両断!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現実は小説や映画、ドラマよりも奇なり。筆者の歯に絹着せぬ物言いが痛快だった。

  • 第一勧銀出身の著者が会社生活で経験したことをそれぞれ「病」で分類し、面白く解説。自己啓発本になっていないところがよい。

  • ビジネス
    社会

  • 銀行の内情を知るものとしては耳が痛い話ばかり、根回しバカ!自分かも??

  • 第一勧銀勤務経験を有する作家による、会社における問題点をまとめたもの。第一勧銀という大会社を題材に、日本の企業がどのような状況に陥りやすいのか、経営者や役員などの性向など興味深い内容だった。
    学術的というより、経験論的な記述が多く、過激な論調も散見されるが、説得力があった。
    「「もっと働け、もっと稼げ」経営者は叫び、叱咤する。だが社員たちは経営者に「Why?」と疑問を投げかけ、出した答えが偽装だったり不正だったりということなのだろう」p4
    「(社長、役員などの特質)目に付くようになったのは、出世に伴う責任という負の分け前の増大だ」p28
    「若者にはある種の野心が必要だ。出世欲が仕事や人間の幅を広げてくれることもある」p36
    「人間(じんかん)到るところに青山(せいざん)あり」p62
    「(根回しバカ)会議なんてその場で多くの意見を戦わせれば実りがあるもの、侃々諤々の方がエキサイティングになるものだ。ところが実際の会議では、意見がまったく出ないのが、いい会議だと認識している人間が多い。そのため、異論が出ないように事前にくだらない根回しに回るバカがいるのだ」p81
    「経営者に必要なのは哲学だ。それがないのに、現場だ現場だ、と騒いでもそれは単なる従業員へのプレッシャーにすぎない。これまた、形を変えた現場軽視なのである」p102
    「なぜ年功序列が機能しなくなったのか。それは成長が止まったからだ。企業経営者は、もはや成長の果実を多くの社員たちに配分できなくなってしまったのだ」p136
    「(本部での評価は噂で決まる)本部エリートというのはみな優秀である。だから、そこでの優劣を決定的に分けるのは、「彼はできるね」「彼は優秀だね」「あいつはダメだね」という噂、すなわち風評である」p141
    「(中国電力、クラレを創業した大原孫三郎)取締役の10人が賛成したら、それはダメ。3人くらいの賛成がちょうど良い」p158
    「営業の要諦は、聞くにある。俗に、セールストークと言うくらいだから大方の人は、営業=話すこと、と思っている。それは大きな間違いだ。営業は耳だ。口ではない」p202
    「新規事業は麻薬だ。経営者を気持ちよくする麻薬である」p231
    「(事件のたびに)同じ人物を長期間、経理に配属させ続けてはいけない、と言われるのだが、不思議なことになかなか改まることはない。なぜ改まらないのだろうか。代わる人が見つからないほど経理の仕事は専門的すぎるのであろうか。そうではあるまい。経営者が、ごく限られた専門家にしか任せられない、特殊な経理案件を依頼しているからではないか。表に出せない金の処理を、口の堅い経理マンに任せてしまってはいないだろうか」p244

  • レビュー省略

  • 読みやすい語り。色々問題になってる今こそ読むべきだね。

  • 元銀行員の著者が自分の経験を元に会社の様々な問題を取り上げ、提言する。

    サラリーマン視点からは同意できる点も多かった。これを読むと日本企業の普遍的な病のようなものがある事に気付く。総会屋への利益供与などは著者の武勇伝のようにも思えるが、面白く読むことができた。

    この本を読んだ人が将来経営者になることを望む。

  • 【No.157】「育つ部下は、放っておいても育つ。育たない部下は育たない。そして上司という存在は、数多くの育たなかった部下のことはきれいに忘れ、偉くなった部下のことを”俺が育てたんだ”と吹聴してまわるのが嬉しくてたまらない」「馬鹿げた残業が多い理由、それは、時間をかければかけるほど、よく働いていると評価するバカな上司が多いから」「ヤクザの世界と同じ。閉ざされた世界で生きているんだ。だから世間の常識とかけ離れ、非常識になる」「会社の成果の大部分を経営者層が取ってしまうような欧米のシステムは、日本には合わないのではないかと思う。成果主義の利点を社員が共有するためには、経営者層が居座ることなく、失敗すれば彼ら自身も交替する仕組みにしなければならない。巨額の報酬は取るわ、居座るわでは社員のモラルが低下する」「選抜に漏れた人材は、たまたまその時のパフォーマンスが会社にとって悪かっただけのことかもしれない。そして、選抜に残った者が本当に会社の将来を担う優秀な人材なのかどうかはわからない」「査定イコール”社員の仕事の評価”であると、おそらく多くの人々は思っているはずだが、それは大いなる勘違いだ。単なる人件費を決める基準にすぎない。人件費を圧縮する必要が生ずれば、査定は必然と厳しくなるし、人件費の削減がそれほど必要でなくなれば査定は甘くなる」「会社というのは、いろいろな手を使って人を安く使おうとするもの」

  • ■アマゾンより引用

    生き苦しいのは会社のせいだ!

    ●人事・・・そんなに偉いか東大卒
    ●出世・・・昇進イコール幸せとは限らない
    ●派閥・・・持病と思って付き合おう
    ●上司・・・バカ上司とは大声で戦え
    ●左遷・・・人事に左遷なし
    ●会議・・・会議の9割はムダである
    ●残業・・・上司の無能のバロメーター
    ●定年・・・経営者にこそ厳格な定年を
    ●根回し・・・不毛なようで意外な利点
    ●社長・・・会社の生死を決めるヒト

    ほか

    会社に残る制度や慣習、風土にルール。
    人生の諸悪の根源をまとめて一刀両断!

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

江上 剛(えがみ ごう)
1954年、兵庫県生まれの作家、コメンテーター、実業家。本名、小畠晴喜(こはた はるき)。元日本振興銀行取締役兼代表執行役社長。元(旧)みずほ銀行築地支店長。
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、1977年から2003年まで旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)に勤務。2002年『非情銀行』で作家デビュー。2004年から2010年までは日本振興銀行に関わっていた。 
代表作に『隠蔽指令』、『庶務行員 多加賀主水が許さない』、『ザ・ブラックカンパニー』、『ラストチャンス 再生請負人』など。それぞれドラマ化されている。

会社という病 (講談社+α新書)のその他の作品

江上剛の作品

会社という病 (講談社+α新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする