ドナルド・トランプ、大いに語る (講談社+α新書)

制作 : セス・ミルスタイン 
  • 講談社
2.60
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062729536

作品紹介・あらすじ

いざ、大統領へ!!
彼の言葉は、なぜ響くのか?

“Make America Great Again!(アメリカを再び偉大な国に!)”
支持率はついにヒラリーを超え、ほんとうに大統領になってしまうかもしれないドナルド・トランプの”迷”言集。

「私は大統領になりたくない」「南の国境に、巨大な壁を建設する。メキシコにその費用を払わせる」「私の美点のひとつは、非常に金持ちであることだ」「ヒラリー・クリントンは夫すら満足させられないのに、なぜアメリカを満足させられると思うんだ?」――なぜ全米は彼の言葉に熱狂、失笑、激怒するのか?
和文英文併記で読みやすく、「トランプ語」のバカバカしさ、明解さ、恐ろしいまでの力強さが伝わります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヒラリーは夫すら満足させられないのに、なぜアメリカを満足させると思うんだ?

    記者の10-15%は本当に悪い奴らだ。彼らはうそつきで酷い人間なのだ。
    ポイントは少しでも他人と違うことをすれば、少しでも暴言を吐き、大胆、あるいは物議をかもすようなことをすれば、マスコミは記事にしてくれるということだ。

  • 切り取った発言集を見ると嫌な人にしか見えない

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

政治ジャーナリスト。『バッスル』『ザ・デイリー』『ハフィントン・ポスト』などに寄稿している。カリフォルニア州オークランド在住。

「2016年 『ドナルド・トランプ、大いに語る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドナルド・トランプ、大いに語る (講談社+α新書)のその他の作品

ドナルド・トランプ、大いに語る (講談社+α新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする