日本人だけが知らない砂漠のグローバル大国UAE (講談社+α新書)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062729710

作品紹介・あらすじ

W杯予選でよく聞く「UAE」は、夢とおカネが湧き出る国だった!

2012年から2015年までアラブ首長国連邦特命全権大使を務めた筆者は、我々の中東のイメージを塗り替える、「日本以上に進んだ社会」を目の当たりにします。
たとえば、ドバイはペルシャ湾岸地域最大の海上輸送ハブ。中東一円へのゲートウェーでもあるUAEは、商圏として中東・アフリカという将来性豊かな広大な後背地を擁しています。欧米のビジネスマンはイスラム世界、アフリカ大陸へのアウトリーチの準備に余念がありません。「中東=物騒」というイメージがあるばかりに、日本人だけがこのチャンスを逃してしまうのは大きな損失です。
大国の実像に目を向け、歴史と未来が一冊で学べる本!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • UAEというと、アジアの中でサッカーが強い国とか、世界一のノッポビルである、ブルジュ・ハリファがある国とかソいういうイメージぐらいしか、多くの日本人の中にはないと思うし、距離も離れた国なので、それ以外で興味を持つ機会がないが、こういう本を一冊読んで、そういう縁の遠い国について、把握できて良い。
    UAEの大卒者の平均初任給年収は1,000万円という下りがあったが、大富豪の息子などを混ぜての値だと思うので、実際の中央値はいくらぐらいなのかも知りたかった。
    あとUAE以外のアラブ世界のことなどにも触れられており、ISの主敵がサウジアラビアだとか、スンナ派とシーア派の対立の原点はアラブとペルシャの対立であるなど、報道では中々わからないことも書かれていてよかった。

  •  デパートに対する人のイメージはそれぞれある。物産展、デパ地下のおいしいもの、値段が高いなど。



     著者はデパート業界で長く活躍した後、日本経営理念史研究所主催して、百貨店の経営理念史を研究という内部事情を知っている方の本。



     百貨店という名前について、1909年を過ぎてから、「実業界」という雑誌の主幹であった桑谷定逸が使い始めたとある。明治20年から30年ごろにかけて、欧米の「デパートメントストア」を視察に訪れた日本人が、「百貨万般を取り扱っている店」すなわち「百貨店」という語呂の良さを選んだからと言われていると書いている。



     最初は、三越がイメージを大事にした戦略を取って高貴な方から時の英雄、東郷平八郎まで得意先にして、そして、売れっ子芸者に三越の最新の帯を送って締めさせてアピールしたそうだ。表の派手さもさることながら、客に対する誠心誠意の接客を心掛けて信用を確立したとある。



     しかし、関東大震災で被害を受けて、百貨店業界は廃砂イメージだけではやってはいけないので、生活必需品の販売を始めた。そして、著者は、日本の百貨店は欧米と比較すると食料品の比率が高い特徴があり、震災後の復興の過程で、現在のような食料品を扱う「日本の百貨店」の原型が出来上がったと述べている。




     厳しい百貨店業界。これからどう魅力をアピールしていくのか気になる。

  • Yotsuya

  • ドバイ・アブダビに旅行に行った関係で、UAE関連の本を数冊読みましたが、本書が一番秀逸。著者は前UAE特命全権大使なので、UAE礼讃的内容になっているのは仕方ないにしても、UAEの魅力を伝えるという点については、しっかり深堀されており、説得力があって大変興味深く読みました。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

元在アラブ首長国連邦(UAE)特命全権大使。1952年生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業後、外務省入省。アマースト大学卒業後、内外で勤務。在ヒューストン総領事、在ホノルル総領事、在UAE大使など歴任。2015年外務省を退官し国立研究開発法人海洋研究開発機構国際審議役。2016年同志社大学グローバル・コミュニケーション学部、同志社女子大学大学院国際社会システム研究科で非常勤講師。2015年UAE独立勲章第一等受章。

日本人だけが知らない砂漠のグローバル大国UAE (講談社+α新書)のその他の作品

ツイートする